アルコールと体臭 体臭予防と体臭対策を考える

アルコールと体臭

たとえば朝の職場で「おはようございます」と出勤してきた同僚がプーンとお酒臭い体臭をただよわせていたら、ちょっと気分が悪くなりますよね。

付き合いで飲み会があったのか、はたまたストレス発散のやけ酒だったのかはわかりませんが、お酒をたくさん飲んだ後というのは、体臭によって周囲にすぐ気付かれてしまうものなのです。

お酒を飲むと体臭がきつくなるというのは本当でしょうか?
たしかに、お酒のおつまみとして食べたものが、焼肉であったりにんにく料理であった場合にはそのにおいも強烈にすると思います。

しかしお酒のアルコールは、それ自体が強いにおい成分なのです。
アルコールは、代謝されるとアセトアルデヒドや酢酸といったさらに強烈なニオイ物質に変わります。

これらの物質はほとんどは尿から排泄されますが、一部は汗として排出されたり呼気からも排出されるため、あの特有な二日酔いの体臭をつくるのです。

また、お酒を飲むとからだがぽかぽかしてきますよね。
これは、アルコールには血管を広げたり、体温を高めたり、汗腺の活動を活発にする作用があるためです。
それによって、発汗量も急激に増加します。

アルコールはそれだけでもにおいが強いのに、加えて発汗を招き、代謝されてさらに強いにおい物質となり、それが汗からも放出されて・・・

と、まるで「においの素」を飲んでいるようなものなのです。

しかし、適量のお酒はからだによいといわれるように、少量のアルコール摂取であれば、からだの活性酸素を減らす働きもあるようです。

なんでも「ほどほどに」、がいいのですね。
| 体臭