足のにおい対策 体臭予防と体臭対策を考える

足のにおい対策

体臭の中でも自分でにおいに気付きやすいのが足のにおいではないでしょうか。
たとえば外回りで働く営業マンや、ブーツを長い時間履いていた女性の方、靴を脱いだときにムワッとしたにおいにおそわれたことはありませんか。

足のにおいの出どころは、汗と角質と靴にあります。
まず汗ですが、足のうらには汗の穴が集まっているため、よく汗をかきます。

暑いときばかりでなく、緊張したときやドキッとしたときなど、手のひらに汗をかきますよね。
それと同じように、足のうらにも汗をたくさんかいているのです。

しかし、この汗、かいたばかりのときは、ほとんどにおいません。
足についている雑菌が、この汗や、皮膚が古くなった角質、皮脂などを分解して、あのにおいを発生させるのです。

靴を履いた足というのは、温かくじめじめしていて、雑菌が繁殖するにはもってこいの場所なんですね。

足のにおいを抑えるには、まず足を清潔に保ち、余計な角質や皮脂、汗を残さないことです。
お風呂で足を洗うときは、指の間までしっかり洗いましょう。

その後は湿気を残さないよう、きちんと拭いて乾かしてください。
汗をかいたときも同様に、できることなら靴下を脱いで足を乾かすとよいです。
靴下はなるべく通気性のよい綿などの自然素材がよいでしょう。

ストッキングなどの化学繊維は汗を吸い取りにくいのです。
靴のお手入れについては、帰宅して脱いだ靴をすぐげた箱にしまわないことです。

汗や湿気が充満した靴をそのままげた箱にしまうと、2〜3時間ほどで雑菌が繁殖してにおいを発生させます。
靴を脱いだら、風通しのよいところで数時間干してからしまうとよいでしょう。

しかし、仕事中でそんなお手入れをしている時間もないという場合は、サッと使える消臭スプレーやパウダーなどもあります。

体臭対策に制汗剤などを使う人も多いと思いますが、足専用の対策商品もいろいろ市販されています。

その場のいやなにおいが抑えられるので、便利です。
でも帰宅後の足と靴のお手入れは、忘れないでくださいね。
| 体臭