体臭にまつわる珍ニュース 体臭予防と体臭対策を考える

体臭にまつわる珍ニュース

日本人は体臭が少ないといわれています。
それは、昔から米、野菜、豆など、低脂肪で高繊維な植物性食品を中心とした食生活を送ってきたからでしょう。

しかし日本でも食の欧米化にともなって、自分の体臭に悩む人が増えてきました。

体臭の問題は、日本だけでなく世界中でもさまざまな珍事件を起こしているようです。

中国では、タクシーのにおいが問題となり、悪臭のするタクシーは数日間営業を停止しなくてはいけなくなったそうです。

北京では、タクシー運転手は車内で飲食、喫煙、睡眠することが習慣化しており、その結果、タクシー内はニンニク臭や運転手の体臭であふれてしまうそうです。

サービス業であるタクシー運転手が、自分の身なりに気を使うのは当然のことであると、このような規制ができたのですね。

また、ドイツでは、ユースホステルに宿泊していたドイツ人の女性グループが大量のデオドラントスプレーを使い、火災報知器が反応して消防隊が駆けつけるという騒ぎがあったそうです。

欧米人は体臭が強いと言われており、香水やデオドラントスプレーを使う人が多いのですが、それにしても火災報知器に検知されるほどのガスを発生させるなんて、よほど大量にスプレーしてしまったのでしょうね。

ある大学医学部では、ニンニクにコレステロール値を下げる効果があるのか確かめる実験が行なわれました。

100名以上の被験者に対し、3年間ニンニクを摂取する生活を続けてもらったところ、高いコレステロール値を下げる効果は明らかにはならなかったそうです。

その代わり、副作用もなかったものの、息がニンニク臭くなったり体臭が強くなったという結果も報告されました。

体臭にまつわるニュースは、奥が深そうです・・・
| 体臭