ミョウバンの効果 体臭予防と体臭対策を考える

ミョウバンの効果

世の中の無臭化傾向が強まるなか、人の体臭に対する商品もいろいろ市販されています。
デオドラントスプレーや石けん、サプリメントや体臭を消すシャツや靴下など・・・

普段から自分の体臭をさほど気にしていない人でも、夏場の汗をかく時期には制汗スプレーを使ったことがある、という人もいるのではないでしょうか。

そんな中、「ミョウバン」が体臭対策として効果があると話題になりました。
スーパーの漬物コーナーに売られていた、1袋100円程度のミョウバン、これがまさか体臭に悩む人に買われていくとは・・・

ミョウバンの体臭に対する効果はどのようなものなのでしょうか。
よく行われているのは、ミョウバンを水に溶いて「ミョウバン水」を作り、それをコットンに浸して脇や足などにおいそうな部分を拭く、あるいはミョウバン水をスプレーする、という方法です。

ミョウバンは、水に溶けると酸性になる性質があるそうです。
そのため、ミョウバン水を皮膚に吹き付けることで皮膚表面が酸性となり、皮膚表面の雑菌の繁殖を抑えられるというのです。

雑菌の繁殖を抑えられれば、汗が分解されてにおいを発することも予防できるのです。

また、汗臭さというのはアンモニア成分がかかわっているのですが、アンモニアはアルカリ性のにおい成分であるため、ミョウバン水の酸性と中和し、汗臭さを抑えるのにも高い効果があるそうです。

ミョウバンは、生活に密着した身近で手軽なデオドラント剤といったところでしょうか。
| 体臭