ダイエットと体臭の関係 体臭予防と体臭対策を考える

ダイエットと体臭の関係

美しく、健康でいたいと願うのは、誰でも同じことです。
女性でなくても、男性でもそう願ってダイエットを経験したことのある人は多いでしょう。

しかし、間違ったダイエットをすることで、体臭が強くなってしまうことをご存知でしたか?

ダイエットというと、本来なら食事制限をして摂取カロリーを減らし、同時に運動することで代謝をアップさせておかないと成功しないものなのです。

しかし、どうしても食事を減らすことだけで体重を落とす人が多く、そうなると体は摂取カロリーの減少によるエネルギー不足に耐え得るために基礎代謝を低下させてしまい、結果、さらにやせにくい体質を作ってしまうのです。

食事制限を始めたころは、空腹からくる口臭が感じられますが、これはダイエットをしていない人にもあるにおいなので、さほど気になるものではありません。

しかし過激な食事制限を進めると、運動不足と相まって代謝の低下を呼び、熱をうまく作れなくなり血液の流れも悪くなります。

すると体は本来と違った経路でエネルギーを得ようとし、副産物としてできた乳酸がアンモニアと一緒に汗の中に出ることにより、体臭がアンモニアくさくなってしまうのです。

さらに間違ったままダイエットを進めると、血液中にケトン体が増加していきます。
ケトン臭は甘酸っぱいにおいで、吐く息から口臭として発し、汗から体臭として発し、尿の中にも排出されるのです。

このレベルになるとダイエットしている本人も周囲の人も、その体臭に気づきます。
ただ、そのにおいの原因が間違ったダイエットであるということに、なかなか気づけないのです。

厳しい食事制限のみで体重を落とそうとしている人、何かいつもと違うにおいを感じたら、それはダイエットの仕方が間違っていますよ、という体からのサインかもしれません。

食事の内容を考えてバランスよく栄養を摂り、体の代謝を低下させないためにも、体をよく動かし、筋力を落とさないように気をつけてください。

せっかく体重を落として細くなれても、体臭が強くなったり、体調を壊しては意味がなくなってしまいますからね。

| 体臭