加齢臭と食事 体臭予防と体臭対策を考える

加齢臭と食事

自分の体臭に悩んでいる人は意外と多いようです。

誰かに相談を持ちかけるほどではないにしても、なんとなく自分がにおっているかな、と感じたり、近くの人がハンカチで口をふさぐなどの行動が気になったり・・・

自分の体臭は大丈夫かな、と気になったら、一緒に暮らしている家族にそれとなく聞いてみるとよいかもしれません。

正直に答えてくれるのは、まず家族でしょうから。

「お父さん、くさいよ」と言われたら、それは加齢臭かもしれません。

加齢臭とは、その字のとおり加齢に伴って発生するにおいですが、「年をとったのだから、加齢臭はしかたない」とあきらめてしまうことはありません。

それは、体臭にはその人の食生活が深くかかわっているからです。

現在では、食の欧米化により、動物性脂肪を多く摂り、脂っこい料理を食べることが増えてきました。
肉類や乳製品の動物性脂肪は、体内で酸化して過酸化脂肪となり、体臭を発生させます。

また、脂っこい料理は、脂肪を酸化させる活性酸素の増加にも結びついています。
体臭を抑えるためには、動物性脂肪の摂取を減らし、活性酸素をできるだけ抑えることが必要です。

活性酸素を抑える「抗酸化作用」のある食べ物を積極的に摂ると同時に、基本的な毎日の食事を整えていかなくてはなりません。

毎日の食事は、昔の日本で食べられていたようなメニューが望ましいです。

脂肪は少なく、繊維をたっぷりと、植物性の食品を中心に、つまり体臭予防には和食がよいのです。

活性酸素は、体臭のほかにも体にいろいろな弊害をもたらしますので、家族皆で食生活を改善することで、家族の健康にもつながるでしょう。