加齢臭の原因は? 体臭予防と体臭対策を考える

加齢臭の原因は?

なんでもかんでも「無臭」を目指す傾向にある世の中になりました。

体臭対策スプレー、制汗剤など、さまざまな商品が市販され、体臭を抑えることがマナーとされているようにも感じます。

洗濯洗剤や柔軟剤のテレビコマーシャルでも、お父さんが通った後に漂うにおいに「加齢臭?」と反応するものまであります。

加齢臭とは、その字のとおり、年齢を重ねることによって発生する体臭のことを言います。
なぜ年齢を重ねると、特有のにおいが発生するのでしょうか。

それは、年をとると、血管中にコレステロールなどの老廃物が蓄積されるのと同時に皮脂腺にも脂肪が増えてくるためです。

特に40歳を過ぎるころから、皮脂中の脂肪がぐっと増えると言われています。
この脂肪が酸化したり分解されると、ノネナールという体臭成分が発生します。

このノネナールこそが、加齢臭と呼ばれる特有のにおいのもとなのです。

また40歳を過ぎると、活性酸素と戦う力(抵抗力)が弱くなり、脂肪の過酸化を防ぐ力も弱まってしまうことも、原因として挙げられます。

その他、年齢だけでなく、食生活の内容にも体臭は深くかかわっています。
肉類や乳製品などの動物性脂肪を摂取することにより体に蓄えられた脂肪は、その酸化により体臭を発生させやすいのです。

以前、日本人は魚、野菜、豆類を主に摂って和食中心の生活を送っていました。

しかし戦後、食の欧米化が進み、肉類を多く摂るようになったことも、体臭に悩む人が増えたことと関係があるようです。