寝起きの口臭 体臭予防と体臭対策を考える

寝起きの口臭

寝起きは、口臭の原因の一つであると考えられています。

睡眠中は体の中の水分が奪われます。この時に体だけではなく、口内の水分も奪われます。必然的に唾液の分泌量が不足し、その結果として口臭の原因となってしまいます。

特にいびきや就寝中も口呼吸する人は、さらに口内の水分が奪われ唾液分泌量が減少し、口臭が酷くなる可能性がありますので注意が必要です。

唾液が不足するだけではなく、寝る前の歯磨きを怠る場合やちゃんと磨けていない場合などは、食べカスが腐敗し発酵することにより口臭へと繋がることになります。

起床時(寝起き)の口臭を予防するには?
●寝る前に丁寧に歯を磨く

寝起き(起床)時には水分補給を!
●起きたらすぐにうがい(歯みがき)をして細菌を洗い流し水分補給を行う

起床時(寝起き)の口臭は生理的口臭と呼ばれています。誰にでも起こるものです。大抵の場合うがいや歯みがき、朝食や水分補給により解消されます。それほど気にする必要はありません。

反対に気にしすぎる場合、不眠症にかかったりストレスにより唾液の分泌量が抑えられてしまいます。


口臭の種類

口臭には、虫歯や歯周病、または糖尿病などの全身的疾患が原因で起こる「病的口臭」と食べ物や精神面、体調などが原因で起こる「生理的口臭」に分けることができます。

他人にもハッキリと感じとることができる口臭「他臭症」と実際には臭っていないのに口臭がしていると思い込んでしまう「自臭症」があります。

口臭の種類一覧

1 口臭の種類
口臭といってもその原因は人によって様々です。歯周病(特に歯槽膿漏)や虫歯、または全身的疾患が原因で発病する「病的口臭」と寝起き時やストレス(緊張)、ニオイのきつい食べ物を食べた時に一時的に起こる「生理的口臭」に分類することができます。

2 病的口臭
病的口臭」とは、虫歯や歯周病(特に歯槽膿漏)などの口腔の病気や糖尿病などの全身的な疾患が原因で起こる口臭のことです。口腔の病気が原因で起こるケースが圧倒的に多いようです。(90%以上が口腔の病気が原因だといわれています)

3 生理的口臭
生理的口臭」とは、病気(虫歯・歯周病)などの原因疾患はありません。その時の口の中の状態や体調、そして精神状態によって一時的に起こる口臭のことを指します。唾液の分泌量が減るなどして一時的に起こる口臭のことです。口腔や身体が健康状態にあっても誰にでも発生する口臭です。

(4)自臭症
自臭症」とは、実際のところほとんど臭っていないのに口臭を気にしてしまう症状のことです。心因性口臭・口臭恐怖症・精神的口臭とも呼ばれています。心理的、精神的な原因が殆どです。

(5)他臭症
他臭症」とは、虫歯や歯周病(特に歯槽膿漏)などが原因で起こる病的口臭や寝起きやストレス、食べ物などによる一時的に発生する生理的口臭があります。様々な原因により本人だけではなく、他人にも気付かれてしまう口臭のことです。
| 口臭