虫歯による口臭 体臭予防と体臭対策を考える

虫歯による口臭

口臭の原因の多くは、口の中の汚れによるものです。

原因1:歯垢

歯垢はプラークとも呼ばれています。歯の表面に付く白くてやわらかい物質です。食べた後歯磨きをしなかったり歯磨き残しがある場合、細菌が食べカスを餌にして口内において増殖します。その細菌の塊が、歯垢となります。

原因2:歯石

歯石は歯垢が石灰化したものです。唾液中のカルシウムを吸着して石灰化します。歯磨きを怠り、あるいは磨き残しがある場合、歯垢は約2日間で歯石になります。

原因3:虫歯

口内細菌が食べカスを餌にして増殖する時、酸を発生します。この酸が歯を溶かし虫歯となります。虫歯も特有の臭いを発します。さらに、虫歯の穴に溜まった歯垢や食べカスも口臭の原因となります。虫歯や歯肉炎症が酷くなると、きつい口臭を発生させます。


原因4:義歯やブリッジ

義歯(入れ歯)の手入れが不十分な場合、口臭が発生します。長期間使用を続けている場合、臭いの原因となる成分が義歯の内部にまで浸透してしまうこともあります。

虫歯の治療により、歯にかぶせたものやブリッジの箇所に隙間が生じた場合、その隙間に食べカスが詰まり虫歯や歯周病を引き起こす原因になります。詰め物の中で虫歯になったり、歯肉に炎症が起きている場合は、酷い口臭を引き起こすことになります。


原因4:舌苔(せったい)

舌の表面に付着している白い物質は、舌苔(ぜったい)と呼ばれています。口内の細菌や新陳代謝により、上皮細胞が剥がれ落ち舌の表面に付着したものです。これが口臭の原因となります。


口の中が原因の口臭対策

対策1:まずは歯磨きが一番

歯垢や歯石を防ぐためには、毎食後の十分な歯磨きが最適です。同時に強い口臭を発生させる虫歯や歯周病の予防にもつながります。

歯と歯との間やブリッジの周辺は、歯ブラシだけで清掃するのは困難です。補助用器具としてデンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシなどを併用することをお勧めします。

どんなに慎重に歯磨きをしても歯垢や歯石が残ることがあります。年齢とともに、歯垢や歯石が付きやすくなる傾向もあります。定期的に可能であれば半年に1回程度は、歯科に行って歯石を除去してもらうのが良いでしょう。

対策2:虫歯は一日も早く治療する

虫歯がある場合、強い口臭が引き起こされます。したがって、痛みがなくても必ず治療する必要があります。また、詰め物の中の虫歯は気がつきにくいものです。特に、歯の神経を抜いている局面では痛みを感じません。そのため、歯周病にまで発展するケースも多いです。

やはり、定期的に歯科を受診してチェックを受けると共に、歯のクリーニングも受けることが理想です。

対策3:舌苔を掃除する

舌苔が多くなると、口臭を引き起こす原因となります。定期的に掃除が必要です。しかしあまり強く擦りすぎると、舌の表面にある「味らい」という器官を壊してしまいます。

その結果、味覚を感知する器官を壊してしまうことになり、味覚障害を引き起こす可能性があります。週1回位を目安に、ガーゼなどでふき取るのがよいでしょう。
| 口臭