猫の口臭 体臭予防と体臭対策を考える

猫の口臭

猫の口臭の原因も人間と同様に、口の中(口腔)の病気と内臓系(胃や腸など)の病気によるものです。しかし、殆どのケースでは口腔の病気であることが多いです。

虫歯や歯肉炎、歯周病、歯根膿腫などを挙げることができます。このように多くの口臭発生原因はありますが、全ての共通する要因は細菌の繁殖です。

不衛生な管理により細菌が繁殖するためです。猫の場合でも放任で自由にするのではなく、定期的に歯磨きを施す必要があります。


猫の口臭予防

猫の口臭予防は歯磨きです。猫の歯のケアを全く行わず放任状態の飼い主も多いです。その原因により、今では歯垢や歯石がこびりつき、獣医などの専門家に依頼しないと除去できない場合が多いと考えられます。

歯石化し硬く付着してしまった場合、一般的に市販されている口臭対策グッズでは到底手におえません。早めに獣医に見てもらい、歯石を除去してもらうようにするべきです。

医院により方法は異なりますが、超音波スケーラーによる除去治療がポピュラーです。


猫の口臭対策

猫の口臭対策グッズはたくさん市販されています。主なものを挙げると、スナック菓子タイプの「デタミント」や「ブレスアリシャス」、ゼリーを塗布するタイプの「ソフトゼリー」といった商品となります。

猫の性格やその時の体調から判断してグッズを選ぶことが理想です。口臭予防グッズを使用することにより得られる効果(メリット)は、以下のようになります。

●胃の調子を整えると同時に消化を助ける
●クロロフィルなどの効果で血液が洗浄され、その結果として口臭が抑制される
●程よい硬さであるため、直接歯垢を落とす効果がある
●スナック系の口臭予防グッズであれば、床を汚すことはない


猫の口臭予防のポイント

猫の歯も人間の歯と同様に、幼い時期の方が虫歯になりやすいといわれています。特に猫の場合は柔らかい食べ物を好むため歯や舌の表面に細菌が付着しやすく、それが原因で歯垢や歯石になったりします。

猫の場合も口腔内のケアを怠っていると、ただの歯垢がどんどん悪化していきます。虫歯→歯石→歯肉炎→歯周炎→歯槽膿漏となっていきます。

後悔する前に一度、猫の口の中をくまなくチェックすることをお薦めします。

| 口臭