加齢臭と介護臭 体臭予防と体臭対策を考える

加齢臭と介護臭

40歳を過ぎたあたりから人間は体臭がだんだん強くなってきます。世間ではこの臭いが「おやじ臭」とか言われている臭いで、加齢臭となっています。

加齢臭というのは体から出されている臭いの他に、口臭、便の臭いなども含まれています。これは年齢を重ねていくと徐々に強く出されていくようになってきます。

何故年齢を重ねると臭いが強くなってくるかというと、年齢を重ねていくにつれて体の新陳代謝が悪くなっていきます。それとともに体の表面上に出てきている老廃物や過酸化脂質が酸化していき、表皮の最近が発酵していくことで「ノレナール」という臭いの原因となる物質が出てくるようになります。

ノレナールは男女とも分泌される物質ですが女性のほうが分泌量や発汗量が男性より少ないために女性より男性の方が臭いが目立ってしまうということになります。

これは生理現象ですので完全に対処することは不可能ですが、できる限り抑えたいと思うところです。

この臭いと介護に関する関係性ですが、介護を必要としている方が家にいる場合、その人の臭いが部屋についてしまったりして、部屋に入るとそれがストレスに感じてしまったりする場合があります。

気にしなければいいのですが、一度気になってしまうとかなりストレスになる場合がありますから、これが介護をより苦痛にしてしまうという風になってしまう可能性があります。

こうならないためにも、ちょっとした臭い対策みたいなものをしていくことがストレスを減少させる原因になるのではないかと思います。