加齢臭の原因と対策 体臭予防と体臭対策を考える

加齢臭の原因と対策

加齢臭の原因となっている物質のひとつに「ノネナール」という物質があります。

不飽和アルデヒドという有機化合物の一種で、若い人たちからはあまり検出されない物質です。この物質が40代以上の人たちから検出される割合が多いため、加齢臭の原因であると特定されています。

加齢臭を引き起こしている行為として、皮脂中の過酸化資質を酸化させるという行為があります。対策をするためには脂質の酸化を防ぐこと、過酸化資質を減らすことが大切になってきます。

酸化を促す行為には活性酸素の存在があります。この活性酸素はお酒を飲みすぎたり、タバコをすったり、生活習慣の乱れから増加する傾向にあります。

できるところから改善をしていき、活性酸素を体内に増加させないようにすることが、酸化する量も減らし、結果的に加齢臭があまり起こらなくなるということに繋がってくるかもしれません。

活性酸素を消去してくれる物質というのは年齢を重ねるとともに体内から減少していきます。減少すると活性酸素は増え続ける一方なので加齢臭の対策にはなりません。

そのためにも抗酸化物質をサプリメントや食品などから積極的に取り入れるようにして、活性酸素を消去させていくようにし、加齢臭対策をしていくようにしていくことも大切です。

更に腸内環境を正常に整えるようにして、体の中からケアをしていくようにしていきましょう。