食生活の見直しで加齢臭予防 体臭予防と体臭対策を考える

食生活の見直しで加齢臭予防

「ノネナール」という成分が加齢臭の元になっています。

ノネナールは脂肪酸が酸化することで起きるものです。なので酸化しないように抗酸化作用がある食べ物などを意識して摂取するようにするだけで加齢臭の予防に繋がってきます。

具体的に抗酸化作用があるものというと、ビタミンC・E、ポリフェノール、リコピン、βカロチンなどがあります。

これらを摂取するには緑黄色野菜を摂取するのがいいと思いますが、熱に弱いビタミンなどもありますのでサラダなど生で食べる方法がより効果的だと思います。

ビタミンは多量摂取しても意味がありません。少量ずつ数回に分けて摂取するのが効果を持続させるポイントです

ポリフェノールはよく聞く言葉ですが、種類にすると5000種類以上もあります。

ゴマに含まれているセサミン、大豆に含まれているイソフラボン、緑茶に含まれているカテキンなどがあげられます。また香辛料などにも抗酸化作用があるので上手に摂取するようにしましょう。

腸内環境を整えて身体の中から予防することも大切です。腸内の中にある悪玉菌が増えてしまうと活性酸素の働きが活発になります。活性酸素が活発になると酸化もしやすくなるため臭いも強烈になっていきます。

腸内の環境を整えるには食物繊維を十分に摂取するようにするなど日々の食生活に気をつけることが大切となります。しかしこれだけ摂っていれば大丈夫という訳ではありません。バランスよい食事を摂取できるよう十分心がけましょう。