男性の加齢臭と女性の加齢臭 体臭予防と体臭対策を考える

男性の加齢臭と女性の加齢臭

女性には加齢臭というのはないのでしょうか?

加齢臭というと、中年男性ばかりが取りざたされるようなイメージですが、女性にも加齢臭というのは存在します。

女性の加齢臭は同年代の男性に比べると、格段に臭いが少ないので女性には加齢臭が無いと思われがちです。

なぜ男性と女性では臭いに差があるのでしょうか?
それは性ホルモンが違うからだと言われています。

男性ホルモンというのは加齢臭の元である皮脂腺の発達を促すために、皮脂が大量に分泌されます。その結果加齢臭の臭いの元となるノネナールが大量に発生するために臭うのです。

しかし女性ホルモンは酸化抑制効果があるために、脂肪酸が酸化しにくいという性質を持っています。そういう理由から、女性ホルモンが多い女性のほうが臭いがあまり感じられないという結果になるということになります。

ただし女性も閉経すると女性ホルモンが少なくなるため、加齢臭が出てくるということになります。

女性と男性では臭いに対するケアの仕方にも差があるように思います。一般的な話ですが女性のほうが清潔に気を使うし、香水を使うし、こまめに洗濯や着替えをするので臭いが発生しにくいということのように思います。

臭いの元となるのはノネナールだけではありません。生活習慣の乱れも臭いに結びつきます。お酒やタバコ、汗などからも臭いが混ざって更に強烈になります。

そうならないためにも常に生活習慣に気をつけ、清潔さを保つようにしていくのが臭いを発生させないコツだと思います。