加齢臭の強い人弱い人 体臭予防と体臭対策を考える

加齢臭の強い人弱い人

加齢臭が強く出る人もいれば弱く出る人もいます。この強さの差というのはいったいどういうところにあるのでしょうか?

ある化粧品メーカーが成分を分析して検出されたノネナールという成分が若い人より40歳を過ぎた人あたりの人の方が多く検出され、加齢臭の原因であるということを特定した臭いが加齢臭です。

40歳を過ぎた頃から発生してくると言われている加齢臭ですが、場合によっては20代の人でも発生する可能性があることが分かっています。

人間の皮膚には、皮脂を出す穴と汗を出す穴というのがあります。皮脂を出す腺というのは、皮膚の内層部分にあり、脂質を貯めていき、皮脂を体の表面に腺を通して分泌していきます。

分泌する腺は手のひらと足の裏以外にあります。つまり全身に近い形であるということになります。ここから出される脂肪酸が酸化することで体臭の原因となる物質に変わってしまうということなのです。

不潔な人の臭いが強くなるのは当然の事です。体の表面にある脂肪分は放っておくと細菌が繁殖してしまい、臭いを発生させてしまいます。

毎日きちんと身体を洗って余分な皮脂を洗い流すようにしておきましょう。また洋服もこまめに取り替えるようにしましょう。

お酒やタバコ、食生活、ストレスでも加齢臭が強くなる場合がありますの、臭いが気になる方はできるところから控えていくようにして、十分に注意していくようにしましょう。