女性の加齢臭 体臭予防と体臭対策を考える

女性の加齢臭

なぜ女性に加齢臭が少ないのか

加齢臭といえばオヤジっていうイメージがありますが、女性には加齢臭はないのでしょうか?

ポイントは女性ホルモンと活性酸素にあります。活性酸素が活発に動くことから加齢臭や体臭が発生しますが、若いうちはホルモンの働きが活発であることから活性酸素が除去されるため臭いがあまり出ないために、加齢臭の原因のひとつであるパルミトオレイン酸の酸化も、ホルモンのおかげで抑制されることから臭いがあまり出ません。

年齢を重ねていくことによりホルモンの分泌量が減ってくることにより活性酸素の除去自体があまりできなくなってきます。この除去されない活性酸素が肌の老化や加齢臭などを引き起こす原因となっているのです。

なぜ男女に臭いの差が出るようになるのでしょうか?

ホルモンの分泌量の低下の差に違いがあるからで、男性は40歳を境にホルモンの分泌量が減ってきますが、女性は40歳を過ぎても活発に分泌されています。

ホルモンが分泌されない→活性酸素を除去できない→パルミトオレイン酸が酸化してしまう→臭いの元となるノネナールが発生する……と言う図式が成り立ってしまうのです。

これが男女の差なのです。ホルモンの分泌が盛んな女性には臭いが出ないということになります。

しかし、時期の違いはあるにせよ男女とも加齢臭を発生させる可能性はあると言うことになります。女性も閉経後はホルモンの分泌量が著しく低下するために臭いが出てくるようになります。


女性にも加齢臭は出る

年齢を重ねていくと脂肪酸が増加しくるしノネナールという加齢臭の元が増加してくるといわれています。

加齢臭の成分ノネナールは男女に関係なく40歳以降になると増加してくる傾向があります。同じ成分が体内にあるのですから、加齢臭が女性にも発生するということが分かると思います。

皮脂の分泌量というのは男性の方が女性より多いために、酸化してしまう可能性が高くなるということにも繋がります。

皮脂の分泌量はホルモンによって調整されるといってもいいと思いますが、女性のほうがホルモンの分泌されている期間が長いために、男性の方が早く加齢臭が発生してしまうということになってきます。

しかし女性も加齢臭が出てくるような年代になったとしても、いつまでも若々しくいたいと思いますよね。そこで加齢臭に対する予防や対策などを行っていくのがいいと思います。

加齢臭の専用の石鹸というのが市販されているようです。香水などで臭いをごまかすのではなく、消臭することを考えていくようにした方がいいと思います。