体臭 体臭予防と体臭対策を考える

体臭の種類

自分のからだから発するにおいや、職場の同僚、家族から発する体臭に、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

においというものは目に見えないものですが、それが悪臭だった場合には、近くの人に確実に(精神的・時には身体的にまで)ダメージを与えてしまいます。

また、母親が子どもの世話をしているときに、体調の異変に気づくのも、子どもから発する体臭がきっかけであったりします。

体臭とひとことで言いましても、その発する部位は頭から口、わきの下、足など、全身の各所にあります。
そしてにおいが発生する原因や、においの強さもいろいろあるのです。


まず頭ですが、頭皮の皮脂の酸化が進んだり、汗をかいて高温多湿となり細菌が繁殖することでにおいが出ることがあります。

髪の毛も、その構造上、においを吸着させやすくなっています。

たばこを吸う人と同じ部屋にいたり、飲食店を出た後などに髪の毛ににおいが残っていることはよくあることです。

次に口のにおいですが、これは口臭と呼ばれるもので、食べたものによるにおいと、病気からくるにおいがあります。

ここで言う病気の中には、腎臓、肝臓の病気や、虫歯、歯肉炎なども含まれます。

わきの下のにおいというと「ワキガ」が浮かぶでしょう。
ワキガは、単純に汗くさいにおいではなく、わきの下などにあるアポクリン腺という汗腺から出る汗の成分が空気に触れて変質し、細菌によって分解されてにおいが発するものです。

人間にはもうひとつエクリン腺という汗腺もありますが、こちらは全身にあり、ここから出てくる汗ににおいはありません。

そして、足。
特に夏場、靴を脱いだあとは、自分の足ながら何とも言いがたいにおいに思わず顔をしかめてしまうこともありますよね。

足には上に述べたエクリン腺がたくさんあり、汗をよくかくようになっています。

汗自体にはそんなににおいがないのですが、靴の中という高温多湿の環境の中で繁殖した雑菌が汗や皮脂を分解し、においが発生してしまうのです。

また、自分で気にしている人は少ないですが、耳にもにおいがあります。
特に乳幼児で耳のにおいや耳垂れがあり、それが中耳炎などの病気のサインである場合もあります。

このように体臭にはいろいろな原因、意味があることを知れば、自分に合った予防法、対策方法も見えてくるのではないでしょうか。
| 体臭

体臭にバラの香り?

ほんのりといい香りのする女性って、すてきですよね。
香水のようなわざとらしいにおいではなく、すれ違ったときにフワッと香るいいにおい。

もちろん男性でも、不快な体臭を発するよりは、いやらしくない程度のいい香りを身にまとっていると魅力的に感じられることもあるでしょう。

自分の体臭を気にしている人も、体臭では悩んでいない人も、「体臭がバラの香りになる」という商品を聞いたことがありませんか?

それは、カプセルタイプのサプリメントであったり、液体であったり、ガムタイプであったり、いろいろな商品が販売されています。

しかしその効果のほどは、いかがなのでしょう?

実際にそれらの商品を試した人の中には「効果はてきめんでした」という人がいる反面、「いまいち効果がわからない」「続ければ体臭も変わるのかな」とはっきり効果を感じられない人もいます。

中には「ゲップしたときだけ、ものすごいバラのにおいを感じた」という人もいます。

においの感じ方自体が、とても個人差のあるものなので、結果にも個人差が出るのは当然かもしれません。

もともと体臭自体が食べ物に起因する部分が多いため、これらの商品(食品)を摂ることで体臭が変わるのはありうることです。

にんにく料理をたくさん食べた翌日の汗がにんにく臭かったり、タバコを吸う人がヤニ臭くなるのと同じです。

ただし、これらの体臭をバラの香りにする商品がどれほどの効果があるのかというと、個人差があるため定かではないようです。

ガムタイプなら百円程度から、サプリは数千円程度で購入できますので、気になる人は一度試してみるのもよいかもしれませんよ。
| 体臭

体臭に酢が効く

水虫を患っているひとが、洗面器にお湯を張り、そこに酢を入れて足浴している場面を見たことがあります。
この「酢」ですが、体臭を抑える効果もあるようなのです。

水虫の菌もそうですが、一般的に細菌というのはアルカリ性を好み、酸性が苦手なのだそうです。
そのため、酢を混ぜたお湯で足浴をすると、水虫の症状が快方に向かったり、足のにおいを減少させる効果があるのです。

どの程度の酢を混ぜるとよいのかというと、洗面器いっぱいのお湯に対して、食酢ならキャップに1杯ほどが適量です。

また、炭焼きのときに採取できる木酢液というものが市販されているのを見たことがある人もいるでしょう。
こちらの場合は酸性が強いので、洗面器いっぱいのお湯に対して数滴混ぜれば十分です。

足のにおいに限らず、体臭についても酢は効果を発揮します。
お風呂に入るとき、入浴の直前に酢を浴槽のお湯に混ぜるのです。

混ぜる量はコップに半分弱程度、ほんの少しの量ですので、浴槽が酢のにおいで充満することはありません。
かえってさわやかな香りに感じることと思います。

こうして湯船につかると、酢に含まれるクエン酸の効果により肌を弱酸性に保つため、雑菌の繁殖が抑えられ、体臭を防ぐことができます。

また、開いた毛穴からクエン酸が吸収されると、アンモニア臭い汗を抑えることもできます。

食生活が乱れたり血液の流れが悪くなったりすると、体内にアンモニアが増えて汗がくさくなってしまいますので、そんなときにはぜひ「お酢風呂」を試してみてください。
| 体臭

ダイエットと体臭の関係

美しく、健康でいたいと願うのは、誰でも同じことです。
女性でなくても、男性でもそう願ってダイエットを経験したことのある人は多いでしょう。

しかし、間違ったダイエットをすることで、体臭が強くなってしまうことをご存知でしたか?

ダイエットというと、本来なら食事制限をして摂取カロリーを減らし、同時に運動することで代謝をアップさせておかないと成功しないものなのです。

しかし、どうしても食事を減らすことだけで体重を落とす人が多く、そうなると体は摂取カロリーの減少によるエネルギー不足に耐え得るために基礎代謝を低下させてしまい、結果、さらにやせにくい体質を作ってしまうのです。

食事制限を始めたころは、空腹からくる口臭が感じられますが、これはダイエットをしていない人にもあるにおいなので、さほど気になるものではありません。

しかし過激な食事制限を進めると、運動不足と相まって代謝の低下を呼び、熱をうまく作れなくなり血液の流れも悪くなります。

すると体は本来と違った経路でエネルギーを得ようとし、副産物としてできた乳酸がアンモニアと一緒に汗の中に出ることにより、体臭がアンモニアくさくなってしまうのです。

さらに間違ったままダイエットを進めると、血液中にケトン体が増加していきます。
ケトン臭は甘酸っぱいにおいで、吐く息から口臭として発し、汗から体臭として発し、尿の中にも排出されるのです。

このレベルになるとダイエットしている本人も周囲の人も、その体臭に気づきます。
ただ、そのにおいの原因が間違ったダイエットであるということに、なかなか気づけないのです。

厳しい食事制限のみで体重を落とそうとしている人、何かいつもと違うにおいを感じたら、それはダイエットの仕方が間違っていますよ、という体からのサインかもしれません。

食事の内容を考えてバランスよく栄養を摂り、体の代謝を低下させないためにも、体をよく動かし、筋力を落とさないように気をつけてください。

せっかく体重を落として細くなれても、体臭が強くなったり、体調を壊しては意味がなくなってしまいますからね。

| 体臭

ミョウバンの効果

世の中の無臭化傾向が強まるなか、人の体臭に対する商品もいろいろ市販されています。
デオドラントスプレーや石けん、サプリメントや体臭を消すシャツや靴下など・・・

普段から自分の体臭をさほど気にしていない人でも、夏場の汗をかく時期には制汗スプレーを使ったことがある、という人もいるのではないでしょうか。

そんな中、「ミョウバン」が体臭対策として効果があると話題になりました。
スーパーの漬物コーナーに売られていた、1袋100円程度のミョウバン、これがまさか体臭に悩む人に買われていくとは・・・

ミョウバンの体臭に対する効果はどのようなものなのでしょうか。
よく行われているのは、ミョウバンを水に溶いて「ミョウバン水」を作り、それをコットンに浸して脇や足などにおいそうな部分を拭く、あるいはミョウバン水をスプレーする、という方法です。

ミョウバンは、水に溶けると酸性になる性質があるそうです。
そのため、ミョウバン水を皮膚に吹き付けることで皮膚表面が酸性となり、皮膚表面の雑菌の繁殖を抑えられるというのです。

雑菌の繁殖を抑えられれば、汗が分解されてにおいを発することも予防できるのです。

また、汗臭さというのはアンモニア成分がかかわっているのですが、アンモニアはアルカリ性のにおい成分であるため、ミョウバン水の酸性と中和し、汗臭さを抑えるのにも高い効果があるそうです。

ミョウバンは、生活に密着した身近で手軽なデオドラント剤といったところでしょうか。
| 体臭

体臭にまつわる珍ニュース

日本人は体臭が少ないといわれています。
それは、昔から米、野菜、豆など、低脂肪で高繊維な植物性食品を中心とした食生活を送ってきたからでしょう。

しかし日本でも食の欧米化にともなって、自分の体臭に悩む人が増えてきました。

体臭の問題は、日本だけでなく世界中でもさまざまな珍事件を起こしているようです。

中国では、タクシーのにおいが問題となり、悪臭のするタクシーは数日間営業を停止しなくてはいけなくなったそうです。

北京では、タクシー運転手は車内で飲食、喫煙、睡眠することが習慣化しており、その結果、タクシー内はニンニク臭や運転手の体臭であふれてしまうそうです。

サービス業であるタクシー運転手が、自分の身なりに気を使うのは当然のことであると、このような規制ができたのですね。

また、ドイツでは、ユースホステルに宿泊していたドイツ人の女性グループが大量のデオドラントスプレーを使い、火災報知器が反応して消防隊が駆けつけるという騒ぎがあったそうです。

欧米人は体臭が強いと言われており、香水やデオドラントスプレーを使う人が多いのですが、それにしても火災報知器に検知されるほどのガスを発生させるなんて、よほど大量にスプレーしてしまったのでしょうね。

ある大学医学部では、ニンニクにコレステロール値を下げる効果があるのか確かめる実験が行なわれました。

100名以上の被験者に対し、3年間ニンニクを摂取する生活を続けてもらったところ、高いコレステロール値を下げる効果は明らかにはならなかったそうです。

その代わり、副作用もなかったものの、息がニンニク臭くなったり体臭が強くなったという結果も報告されました。

体臭にまつわるニュースは、奥が深そうです・・・
| 体臭

重曹の効果

一時期、家事(おもに掃除の場面で)に重曹を取り入れることが話題になり、たくさんの重曹活用術についての本なども販売されたときがありました。

「重曹パワー」が、キッチンをぴかぴかに磨いたり、生ごみのにおいを消したり、衣服のシミ抜きに有効だったりと大変役に立つと、スーパーや薬局でも袋入りの重曹が目立つところに並べられていたものです。

キッチンでのにおい消しに有効であれば、体臭対策にも効くのでは?と考えるのが自然ですよね。

重曹にはアルカリ性の性質があるため、生ごみや冷蔵庫に発生する酸性のにおいに重曹を混じり合わせることで中和反応し、無臭化されるのです。

体臭についても同じで、からだの表面から分泌されるニオイの成分には、酢酸など酸性の傾向を示すものが多いので、重曹との中和反応で、においが消されることが期待できます。

このように、酸性のにおいには有効であると考えられます。
また、重曹には殺菌作用もあります。

普通、皮膚の表面にいる雑菌は酸性に弱いため、酢水で足浴したりスプレーすると雑菌の繁殖を抑えられるのですが、逆にアルカリ度が強くても雑菌は繁殖しにくいのです。

使い方は、重曹を水にとかして体臭の気になる部分に塗布したり、脇であれば直接重曹の粉をはたいてもよいかと思います。

重曹はパンやお菓子の膨らし粉としても使われるものですから、体臭を抑えるために使っても、十分安全と考えてよいでしょう。

重曹の殺菌効果や漂白作用によって、色白美肌になれる・・・かもしれませんよ。
| 体臭

体臭予防と入浴

体臭を予防するには、まず清潔を保つことが大切です。

体調が悪くてお風呂に入れない場合はともかくとして、入浴を面倒がってお風呂に何日も入らずにいると、体中からいやなにおいがしてくるのは当然です。

病気やけがのために入浴できないときでも、お湯に浸したタオルなどでからだを拭くとよいですね。
さっぱりとするだけでなく、血行もよくなります。

そのとき使うタオルに、ハーブやレモンの香りをつけておくのも、体臭を予防するのに効果があります。
タオルを浸すお湯は、熱めのものを洗面器に用意し、そこにハーブの精油やレモン汁を数滴たらすとよいです。

ハーブやレモンの抗菌効果や消臭効果で、からだがさっぱりとし、香りの効果で気分もリフレッシュできることでしょう。

また、入浴できる場合には、湯船に酢をコップに半分弱ほど混ぜるのも、体臭予防に効果があります。
酢は肌を弱酸性に保ち、雑菌の繁殖を抑えてくれます。

ヒノキを使ったお風呂もよい香りがします。

家庭の浴槽がヒノキ風呂だというところはあまりないと思いますが、家庭ではヒノキのチップやおが屑をガーゼなどに包んで浴槽に入れれば、温泉のようなかおりと気分が味わえます。
特におが屑は、湯船に浮いたからだの垢を取り込む効果もあるようです。

ほかにクマザサも脱臭効果があります。
菖蒲湯と同じように、湯船に葉を浮かべて入浴します。

クマザサは乾燥させて使っても効果があるので、まとめて摘んできて干しておくとよいかと思います。

体臭に悩む人もそうでない人も、入浴はからだと心をリフレッシュするための大切な時間ですので、少しの工夫でゆったりといい気分で入りたいものですね。
| 体臭

便の臭い

便秘をすると体臭が便のにおいになる、ということを聞いたことがありませんか。

便が腸に長い間とどまっていると、便から発生するガスが体内に吸収され、それが汗、皮脂と一緒になって体臭として周囲ににおいを放ってしまうとか・・・

そもそも、なぜ便のにおいは臭いのでしょうか。
それは、便には腐敗物が含まれているからです。

腸に長くとどまれば、その分腐敗は進み、においも強くなっていきます。
また、よく噛まずに飲み込むと便は臭くなります。

これは、本来なら口の中で噛むことで唾液の酵素により分解されてから胃に行くべき食物が、その段階を飛ばして胃に下ろされ、消化不良を起こし、腸で栄養として吸収されずに腐敗材料となってしまうからです。

またストレスも便臭を強くする原因のひとつになります。
ストレスを感じると、胃や腸の酵素の働きが狂ってしまったり、腸の動き自体も鈍くなってしまいます。

そのため腸の中で、食べた物の腐敗が進んでにおいが強くなってしまうのです。

便のにおいを少しでも軽くするために、食べた物をいつまでもからだの中にとどめておかないことです。
栄養のあるものを「楽しいな」「おいしいな」と感じながら、よく噛み味わってから飲み込んでください。

食物繊維の豊富なものなら、自然によく噛むようになります。
水分もたっぷりと摂りましょう。

食事の時間は楽しい時間であるべきです。
ストレスを感じることなく、ゆったりと楽しく食事をし、からだに栄養を十分吸収させ、よい便が出るようにしましょう。
| 体臭

おならの臭い

どんな人でも、おならは出ます。
「私はまったくおならが出ません」という人はまずいないでしょう。

ただ、おならがくさいかくさくないか、というと、それは人それぞれ、またそのときの体調それぞれです。

普段から自分の体臭に悩んでいるわけではないけど、おならだけはどうにも臭くて困っています、という悩みを持つ人は意外と多いのです。

おならは、からだ中で発生したガスを体外に出すために、人間には必ず必要な手段で、健康であればそんなににおいはしないものだそうです。

おならが臭くなるのは、便秘のときなど、腸の中にある腐敗物や悪玉菌が活発に働くことでにおいを発するからです。

ひどい便秘が続くと、おならだけでなく体臭も強くなることがあるので、早めに対処しなくてはいけません。

臭いおならに悩む人は、自分の腸内の悪玉菌を追い払う努力をしましょう。
豆や海藻に多く含まれる食物繊維は、悪玉菌の発するにおい成分や毒素などをまとめて便として体外に排出させる働きがあります。

悪玉菌を掃除してくれる食物繊維を積極的に摂りましょう。
また、悪玉菌を追い出すために、腸内の善玉菌を育てることも大切です。

はちみつや大豆、ごぼうなどに含まれるオリゴ糖は、腸の中の善玉菌を元気にしてくれます。
また市販されているオリゴ糖を料理に使ったりコーヒーやヨーグルトに混ぜて食べるのもよいでしょう。

腸内にたまった腐敗物、くさいおならを撃退するため、自分の善玉菌を応援しましょう!
| 体臭

活性酸素と抗酸化作用

現代の日本では、さまざまな生活習慣病に悩む人が増えています。
この生活習慣病に深くかかわっているものに、私たちのからだの中の「活性酸素」があります。

活性酸素は、不規則な生活やストレス、アルコール摂取、喫煙、脂質の多い食事、紫外線などにより、過剰に発生します。

この活性酸素が過剰に発生すると、私たちのからだを酸化させてしまいます。
体臭もこの酸化現象のひとつで、汗が酸化してにおいが発生するのです。

この活性酸素の過剰な働きを抑えるのが抗酸化作用で、もともと人間が持っている力です。
しかし、年齢を重ねるにつれてこの力が衰えてしまい、体臭が強くなるなどの症状も出てきてしまいます。

また、酸化されやすい食べ物を摂ることも体臭を引き起こす原因のひとつと考えられます。
逆に、抗酸化作用のなる食べ物を摂ることで、体臭を少なくすることもできます。

抗酸化作用のある食べ物はポリフェノール、ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチンなどを含む食品です。
少し前に「ポリフェノールがからだにいい」といった赤ワインのテレビCMもありましたね。

ビタミンCを含む食品もいろいろありますが、身近なところでピーマンやパセリ、ブロッコリー、緑茶にも含まれています。

緑茶のカテキンは口臭予防にも効果的です。
あとは、ビタミンEを摂るために、未精白の穀物を食べたり、カロチン豊富な緑黄色野菜も積極的に摂るとよいでしょう。

体臭を予防するためには、まず食生活を改善することです。
人間が発生させるにおい物質の原料は、すべて食事として摂取した食べ物ですから。
| 体臭

体臭と食べ物の関係

体臭に悩んでいる人なら、きっと食生活が原因ではないかと考えたことがあるでしょう。
実際に、食事の内容と体臭は強く関係しているのです。

体臭を引き起こすのは、アポクリン汗腺から分泌される脂肪や、皮脂腺から分泌される脂肪酸が原因となっていることが多いのですが、中でも皮脂腺からの分泌物がにおいの原因となっている場合は、食事内容を改善することにより体臭が軽減される場合も多いようです。

臭いのもとになる物質は動物性脂肪や動物性タンパク質などの代謝物です。
大腸まで送られたタンパク質は細菌によって腐敗し、さまざまなにおい物質を作り出します。

悪玉菌であるウェルシュ菌や大腸菌によって分解されると、アンモニア、アミン等が作り出され、体臭やいろいろな疾患の原因となります。

食事をする際には、においの素となる肉類(動物性タンパク質や脂肪)を控え、腸内の善玉菌を増やすことが大切です。

また食物繊維を多く摂取して、においの素となる物質を排出することも大切なことです。
食物繊維は、便を作る最大要素であり、におい物質を自ら積極的に取り込み体外に排出してくれます。

さらに、食物繊維は腸内でビフィズス菌などの善玉菌の餌になるため、結果としてタンパク質の腐敗を予防し、大腸内でにおい物質が作られるのを抑制する効果があるのです。

また、善玉菌を育てるのはオリゴ糖だと言われますが、ゴボウや玉ねぎ、アスパラ、大豆などにもたくさん含まれています。
食物繊維と合わせてとれる食品ですね。

このように、体臭を発生させないようにするには、肉類を減らしたり、善玉菌を増やす食品を摂るなどの食生活の改善が大切だということがいえるでしょう。
| 体臭

足のにおい対策

体臭の中でも自分でにおいに気付きやすいのが足のにおいではないでしょうか。
たとえば外回りで働く営業マンや、ブーツを長い時間履いていた女性の方、靴を脱いだときにムワッとしたにおいにおそわれたことはありませんか。

足のにおいの出どころは、汗と角質と靴にあります。
まず汗ですが、足のうらには汗の穴が集まっているため、よく汗をかきます。

暑いときばかりでなく、緊張したときやドキッとしたときなど、手のひらに汗をかきますよね。
それと同じように、足のうらにも汗をたくさんかいているのです。

しかし、この汗、かいたばかりのときは、ほとんどにおいません。
足についている雑菌が、この汗や、皮膚が古くなった角質、皮脂などを分解して、あのにおいを発生させるのです。

靴を履いた足というのは、温かくじめじめしていて、雑菌が繁殖するにはもってこいの場所なんですね。

足のにおいを抑えるには、まず足を清潔に保ち、余計な角質や皮脂、汗を残さないことです。
お風呂で足を洗うときは、指の間までしっかり洗いましょう。

その後は湿気を残さないよう、きちんと拭いて乾かしてください。
汗をかいたときも同様に、できることなら靴下を脱いで足を乾かすとよいです。
靴下はなるべく通気性のよい綿などの自然素材がよいでしょう。

ストッキングなどの化学繊維は汗を吸い取りにくいのです。
靴のお手入れについては、帰宅して脱いだ靴をすぐげた箱にしまわないことです。

汗や湿気が充満した靴をそのままげた箱にしまうと、2〜3時間ほどで雑菌が繁殖してにおいを発生させます。
靴を脱いだら、風通しのよいところで数時間干してからしまうとよいでしょう。

しかし、仕事中でそんなお手入れをしている時間もないという場合は、サッと使える消臭スプレーやパウダーなどもあります。

体臭対策に制汗剤などを使う人も多いと思いますが、足専用の対策商品もいろいろ市販されています。

その場のいやなにおいが抑えられるので、便利です。
でも帰宅後の足と靴のお手入れは、忘れないでくださいね。
| 体臭

体臭を抑える補助食品

最近、とくにインターネット通販などで「体臭を消すサプリ」などの、体臭対策食品がよく見かけられます。

カプセルに消臭成分を閉じ込めたものや、液体を飲むタイプのもの、ガムや錠剤でお菓子のように食べられるものなどさまざまです。

その多くに植物からの抽出物が成分として含まれています。

だいたい商品の説明文に「この商品は○○のにおいに効果があります」など書かれていますが、含まれているどの成分がどんなにおいに効果を発揮するのかを知っておくとよいと思います。

ポリフェノールは、赤ワインなどにも含まれていますが、お茶から抽出されることが多く、広い範囲での消臭効果が期待できます。

また、他の成分との相互作用により、消臭時間が長く持続します。
ガムによく含まれるカテキンやフラボノイドは、消臭効果はもちろんのこと抗菌作用もあるため、総合的に体臭を抑えてくれます。

海藻からは、吸臭力のある成分が抽出でき、特にアンモニア臭をかなり吸収してくれるようです。
マッシュルームのエキスはにおいを吸収中和する作用があり、にんにく臭などを消臭させる効果があります。

また、スパイスの種から採れる精油を組み合わせたものは、腸の異常発酵を防ぎ、便のにおいを抑える効果があります。
パセリやにんじんの葉などの野菜や、ひのきなどの木からも消臭成分が抽出されています。

これらの補助食品は、「食品」とうたわれている以上、安全であるわけですが、あくまでも補助食品ですので、これらを上手に使いながら、体臭を改善するためには、基本的な食生活から変えていくことも大切です。
| 体臭

アルコールと体臭

たとえば朝の職場で「おはようございます」と出勤してきた同僚がプーンとお酒臭い体臭をただよわせていたら、ちょっと気分が悪くなりますよね。

付き合いで飲み会があったのか、はたまたストレス発散のやけ酒だったのかはわかりませんが、お酒をたくさん飲んだ後というのは、体臭によって周囲にすぐ気付かれてしまうものなのです。

お酒を飲むと体臭がきつくなるというのは本当でしょうか?
たしかに、お酒のおつまみとして食べたものが、焼肉であったりにんにく料理であった場合にはそのにおいも強烈にすると思います。

しかしお酒のアルコールは、それ自体が強いにおい成分なのです。
アルコールは、代謝されるとアセトアルデヒドや酢酸といったさらに強烈なニオイ物質に変わります。

これらの物質はほとんどは尿から排泄されますが、一部は汗として排出されたり呼気からも排出されるため、あの特有な二日酔いの体臭をつくるのです。

また、お酒を飲むとからだがぽかぽかしてきますよね。
これは、アルコールには血管を広げたり、体温を高めたり、汗腺の活動を活発にする作用があるためです。
それによって、発汗量も急激に増加します。

アルコールはそれだけでもにおいが強いのに、加えて発汗を招き、代謝されてさらに強いにおい物質となり、それが汗からも放出されて・・・

と、まるで「においの素」を飲んでいるようなものなのです。

しかし、適量のお酒はからだによいといわれるように、少量のアルコール摂取であれば、からだの活性酸素を減らす働きもあるようです。

なんでも「ほどほどに」、がいいのですね。
| 体臭

妊娠と体臭

妊娠をすると体臭がきつくなるという話を聞いたことはありませんか?
また、実際に体臭を感じて悩んでいる妊婦さんもいるのではないでしょうか。

いったい妊娠することと体臭の発生にはどのような関係があるのでしょうか。
妊娠中に体臭が起きる原因として、次のようなことが挙げられます。

●妊娠にともなう便秘の症状がある
●妊娠にともない新陳代謝が活発になるため、汗など分泌物の量が増える
●もともと肝機能障害、腎機能障害、糖尿病がある

妊娠するとホルモンバランスがそれまでと変化し、便秘を起こしやすくなります。
つわりで食事量が減ってしまうのも便秘を起こす原因のひとつです。

また大きくなる子宮に腸が圧迫されて動きが鈍くなったり、便意を感じにくくなったりします。
妊婦は体温が高いことからも、汗をかきやすいことは想像できるでしょう。

赤ちゃんをお腹の中で育てるために血液量も増え、分泌物の量も増えるのです。
人によっては毛深くなることもあります。
これもホルモンバランスの変化の影響です。

これらの理由から、妊娠すると体臭が強くなると言われているのだろうと思いますが、実際、妊婦本人が気にするほど体臭は強くないことが多いのです。

おそらく妊娠するとにおいに敏感になる人が多いため、自分の体臭も必要以上に気になってしまうのだと思われます。

しかし、においに敏感な時期、とくにつわりの時期には不快なにおいは避けるにこしたことはありません。
だからこそ、からだを清潔に保ち、快適なマタニティライフを送ってほしいですね。
| 体臭