ワキガ 体臭予防と体臭対策を考える

わきが手術と大学病院

わきがの手術を受ける時、大学病院などの総合病院(形成外科)で治療を行うと保険適用内になります。保険が適応するので、比較的に費用は安くあがります。

しかし、大学病院などの総合病院は、わきがの治療を専門的に行っているわけではないので、手術前のカウセリングの段階でわきがと間違って判断し、必要ない手術をしてしまうケースもあるようです。

精神的に臭っていると感じている人や、手術をするほどでもない軽症の人が手術をすることになってしまします。

このような事態にならないように、わきが症状の診断は、大学病院ではなく専門のクリニックで行う事をお勧めします。

初めは専門のクリニック等でカウンセリングをし、わきがで手術が必要と言われた場合に、保険が利く大学病院などで手術を行えば問題はないでしょう。

■わきが手術に適した医師の選び方

●常に最新の手術やわきが治療に関し、情報を仕入れている医師、美容外科である事
●カウセリングに力を入れている事。
●高度な技術をもっており、わきが治療手術の経験が豊富であること
●過剰広告はしていない
●わきが手術に対してのデメリットもきちんと説明してくれる

これらの条件をクリアした美容外科や医師は、安心してわきがの手術を任せられると思います。

手術をする前に、しっかりとカウンセリングを受けて、ポイントをチェックする事を忘れないようにしてください。

わきが治療と保険

わきが手術の費用が高額な理由は、保険が適用されないからです。

一部の病院では、わきが手術の保険が適用されることもあります。

保険が適用されるケースは、メスで大きく皮膚を切開する手術で、切除法や切開剪除法のような手術の場合です。

上記にあげたような手術法なら、保険を適用しているクリニックがあります。

しかし上記の手術法で治療しても保険が効かないクリニックもあるので、手術を行う前に良く調べるようにしてください。

わきがの治療を行う場合、2種類の方法があることをがある事を覚えておいて下さい。

その治療方法とは、自費治療と保険適応治療になります。

治療費にかかる総額は、保険の適応で、負担金額が大きく異なります。

例にあげると、切開剪除法でわきが手術を行った場合、保険が適用されると3万円から5万円で手術が行えます。

保険適応外になると25万円から30万近くの費用がかかります。負担金額の差はここまで違います。

どうして同じわきが手術なのに、病院によって保険事情が違うのでしょうか。

それは、わきがの手術は症状を治すものではなく、悩みを治すものと判断されてしまうからです。

わきがの治療専門の美容外科などは、保険が適用外になってしまうのが現状です。

わきが手術に掛かる費用を考えると、保険適用の病院や手術法を選びたくなります。

しかし保険適用外のわきが治療専門の病院は、手術や治療の経験値が高く、治療効果も高いという利点があるのです。

治療費だけを重視するのではなく、自分に合った病院を選び、わきが治療を受けて欲しいと思います。

病院と形成外科でのわきが手術

わきが手術を検討している人は、手術の種類や受ける病院について、きちんと調べる事から始めてください。自分にあった手術法や病院は人それぞれ違います。

わきが手術といっても、病院によっては取り入れている手術の方法が違います。医師の腕によっても手術の結果が左右されるので慎重に病院を選んでください。

わきがは確実な手術方法と信頼できる医師の選択さえ誤らなければ、必ず治ります。

形成外科とは、身体外側が先天性、後天性で色や形の変化を美しい状態に戻す事を目的とした医療機関です。最近では、形成外科もわきがの手術などに対応しています。

形成外科は殆どのケースが保険の対象になります。わきが治療手術を行った場合は費用を安く抑えることが可能です。

また形成外科は、手術に関わる専門家が多く皮膚科や麻酔科などが併設されています。わきがの手術を安心して受ける事ができますね。

手術を行う病院で悩んでいる方は、わきがの治療や手術をメインにしている形成外科もあるので、経験豊富で安心できる病院を選んでください。

病院を選び、自分の症状をすべてハークすることは大変ですが、専門のクリニックではきちんと話を聞いてくれ説明をしてくれます。

ひとりで悩まずに、まずは専門の医師に相談してみてください。行くのが怖いと思う方は、電話でのカウンセリングをしてくれる病院もあります。わきがを治して、毎日を楽しく過ごしてくださいね。

手術後の傷跡

わきがを根本的に治すための手術の方法は、わきの下の皮膚を切り縫う事になります。その為、手術後は傷跡が残ってしまうそうです。

手術後の経過は人によって違い、傷跡の種類も異なるようです。

わきがの治療手術した後の傷跡は、特殊な体質でなければ白い痕となり、徐々に薄くなります。傷跡は目立ちにくいと思われます。

ケロイドになりやすい体質の方は、数ヶ月にわたって痒み痛みを伴い赤くはれ上がることもあります。さらに、ケロイドの症状が重い体質の場合は、手術後の傷跡がどんどん広がってしまうこともあります。

傷跡が治りにくい体質の方などもいるので、手術後の傷跡についてや手術の方法など、事前にしっかりとカウンセリングを行ってください納得が行くまで医師と話し合う事が大切です。

わきが手術で傷跡が化膿するのを防ぐにはどのように対処すれば良いのでしょうか。

わきが手術を受けた後に、傷跡が化膿してしまう原因としてあげられることは、メスを入れた部分に細菌が侵入してしまうからです。

細菌が侵入すると、皮膚に膿などの液体がたまり患部の皮膚にダメージを与えます。そうなると傷跡が治りにくくなってしまうのです。

手術後の化膿を防ぐために大切なことは、入浴した時に患部を濡らさないように気をつけることです。汗をかいてしまう状況をできるだけ避けてください。

わき毛の処理も細菌が入りやすい環境を作ります。わきが手術の直後などは処理を控えてください。また、手術前にはわきの下を綺麗に洗って化膿を防ぎましょう。

皮下組織吸引法と超音波治療法

皮下組織吸引法とは、元々エステなどで使われているダイエットを応用したわきが治療手術です。

わきの下を約0.5センチ切開して、掃除機のような吸引機を使いストローみたいな金属の棒を挿し込みます。そしてアポクリン汗腺などをかきとりながら吸引します。

皮下組織吸引法は目で確認してアポクリン汗腺を吸引するわけではないので、すべてのアポクリン汗腺を取り除く事は難しいといわれています。効果も他の切開手術に比べ低いのでデメリットも考えてください。

メリットとして言えることは、傷跡が小さいので目立ちにくいと言う点です。術後の回復も早いでしょう。他の手術に比べ、皮下組織吸引法は安く治療することができます。

わきが手術の中でも超音波治療法は、最先端の技術として注目を集めています。治療法は、わきの下を数ミリ切開し超音波を発生するハンドピースと呼ばれる器具をさしこみ超音波で汗腺を破壊します。

それを吸引する手術法が超音波治療法です。

超音波治療法は最先端技術の為に機器も高いので、治療費が高いと考えてください。扱っているクリニックも少ないでしょう。

取扱う医師が超音波治療法に慣れていないと火傷になるケースもあります。信頼できる医師の所でわきが手術を行いカウンセリングはしっかりと行ってください。

超音波治療法のメリットは、後遺症の心配が少なく傷跡も小さい点です。手術時間も両脇で30分ほどなので嬉しいメリットですね。

PMR法と切除法

PMR法というわきが手術は、東京女子医科大学の若松信吾教授グループとスキンクリニックの石井良典さんの共同開発によって開発された手法です。

組織を取りやすくする効果も兼ねた麻酔をわきの下に行い、2つの種類の器具を使って汗腺組織を吸いだします。

特殊な器具で汗腺組組織の取り残しがないかを最後に確認するので、わきが治療効果も高いと言われています。

国内で主流に行われているわきが治療の手術でも、PMP法はもっとも傷が小さいと言われ、大学病院でも確実な効果を得られる手法として注目を集めています。

PMRの特徴は、手術中の体の負担が少なく日帰りができ回復が早いことです。

わき毛の永久脱毛効果や多汗症改善も得る事が出来るので、わきがだけではなく多汗症やわき毛に悩んでいる方にもお勧めな治療方法と言えるでしょう

わきが治療手術の一つである切除法とは、わきが治療手術の中で最も古い手術法です。現在では殆ど使用されていないのが現状のようです。

切除法とは、わきの毛が生えている全ての皮膚を切り取る方法です。わきがの元となるアポクリン汗腺、皮脂腺、エクリン汗腺わき毛の全てを排除します。

全てを取ってしまうので効果は高いと考えられますが、下記のようなデメリットもあります。

わきの皮膚を切り取って縫い合わせる手術になるので、わきの下に大きな傷跡が残ります。わきの下がひきつったり、腕のむくみなどを伴うこともあります。

酷くなると運動障害などの後遺症が残るケースもあるので、カウンセリングをしっかりと行ってください。

手術を受けるクリニックで切除法での手術を勧めてきた場合は、メリットとデメリットの確認をしアフターケアについてきちんと話し合うようにしてください。

切開剪除法と皮下組織削除法

わきが手術の切開剪除法とは、わきの下を切開して皮膚をひっくり返し目で確認しながらアポクリン汗腺を直接排除する手術方法です。

直視しながらアポクリン汗腺を排除する方法なので、取り残しの恐れも少ないと考えられています。切開剪除法は、わきが治療の中でも効果が高い手術法と言えるでしょう。

この手術方法はわきの下に切れ目を入れるので、傷跡が必ず残ります。更にアポクリン汗腺は、皮膚に近い位置にあるため、綺麗に取り除くには医師の技術が必要となります。

切開剪除法の手術でわきが治療を行う場合は、事前に医師の技術があるかどうかを確認することが大切です。

また、切開剪除法はアポクリン汗腺だけ取り除きます。
わきがと併用して多汗症の症状がある方は、他の手術法を選んだ方がいいでしょう。


わきがの手術で行われる皮下組織削除法とは、約1センチわきの下を切開して、特殊なローラーと剃刀のような物がついた器具で皮膚をはさみ、皮下組織を移動させながら削除していく方法を言います。

この手術の特徴は、皮下組織にあるエクリン汗腺やアポクリン汗腺、皮脂腺のすべてを取り除く事が出来ます。

皮下組織削除法のわきが手術は、この器具を使い慣れている医師が望ましいと言えるでしょう。特殊な器具を使用するので、技術や経験が豊富な医師を選んでください。

手術による傷跡は小さいですが、ローラーで皮下組織を全て削除するので皮膚が薄くなります。この状態は色素沈着しやすいために、入院が必要というデメリットも考えてください。

皮下組織削除法は、エクリン汗腺まで削除する事ができるので効果は高いと言えます。

多汗症の治療効果も同時に望めます。男性にもお勧めで、わき毛もある程度残す事が可能なので自分の症状を把握し、自分にあった治療方法を選ぶようにしてください。

すそわきが

すそわきがとは、下わきが・しもわきがとも呼ばれています。

下半身のデリケート部分(陰部)やおヘソの周り、乳首からわきが特有の臭いを発生させる症状の事を指しています。

わきの下だけにわきがの原因となるアポクリン汗腺があると思っている方もいますが、下半身のデリケート部分や乳首などにも存在します。このアポクリン汗腺が原因で、すそわきがになってしまうのです。

アポクリン汗腺がすそわきがの原因である為、わきが体質の人はすそわきがにもなりやすいのです。

中には、わきがの症状がまったくない人でもすそわきがの症状がある人もいます。わきが体質でない人も注意が必要です。

すそわきがかどうかを自分でチェックすることは可能なのでしょうか。デリケートゾーンの下半身の臭いが気になる方は、自分がすそわきがなのかどうか気になると思います。

すそわきがだと正確に診断するには、専門家でも難しいと言われています。

わきがの場合は、わきの下のアポクリン汗腺の大きさはイクラの粒ぐらいですので、はっきりと肉眼でとチェックする事が可能です。

すそわきがの場合は、はん痕化しているので肉眼では確認できません。

デリケートゾーンからの臭いは、すそわきがとは別の原因で臭うこともあります。

間違ったチェック法や自己判断で診断するのは控え、医療機関できちんと相談し診察してもらうことをお勧めします。

わきが手術法の種類

わきがの手術は色々ありますが、大きく5つの種類に分けることが出来ます。

■切除法
 汗腺や毛根、皮脂腺を切り取り縫い合わせる手術の方法です。
 昔はこのわきが手術が多くありましたが、再発のおそれもあり、最近では殆ど行われない手術方法になっています。

■削除法
 皮膚の一部を切ります。そして器具をその部分に挿入し、汗腺と皮脂腺を削除する手術方法です。

■剪除法
 皮膚を約3センチ切ってアポクリン汗腺を取り除く手術方法です。直接目で確認しながら行います。
 剪除法は手術の種類の中で、効果が一番高いと言われています。

■吸引法
 数ミリ切開した所に、器具を挿入します。そして汗腺を吸引する手術方法です。

■超音波法
 皮膚に穴をあけてそこに器具を挿入します。
 超音波で汗腺を破砕して吸引する手術方法です。

このように、沢山のわきがの手術があります。
手術を行う場合は、カウセリングをしっかり受け、自分に合った手術や治療方法を選ぶようにしてください。

自宅で出来るわきがの臭い対策として、みょうばんの消臭効果を簡単にご紹介します。

みょうばんは、昔から食品添加物としてよく使われていました。安全で安価で手に入ります。みょうばんは消臭効果があるので、わきがの民間療法で古くから使われていました。

消臭だけでなく、肌を引き締め汗を抑えてくれる作用もあります。

みょうばん自体は粉状で売られている事が多いのですが、これを水で溶かします。消臭効果をわきがに上手に利用して臭いのない快適な生活を送ってください。

わきが手術のリスクと必要性

わきがの対処法はサプリメントなどの薬や制汗剤、清潔にするなどの対処法があります。

しかしそれらは一時的な効果しか望むことが出来ず、わきがを根本的に治すには手術でわきがの原因を取り去るしかありません。

原因となるアポクリン汗腺を取り除く事が、わきが治療の手術は基本です。メスを使う事が多いわきがの手術は傷跡や再発、合併症や後遺症などのリスクがあります。

最近は医学の進歩によって、再発や後遺症の心配もなくなってきています。傷跡が殆ど残らないものも多くなっています。

わきがの手術に抵抗を感じていた方でも、手術という治療手段も考慮に入れてみてはいかがでしょうか。

わきがの症状が軽度から中度の方であれば、リスクが少ない吸引法や超音波法の手術方法をお勧めします。大きな傷をつけたくないという考えであればこの方法がいいでしょう。

わきがの症状が重度の方は、リスクもあがりますがメスで切開する手術を行うことが望ましいでしょう。

リスクを重視しすぎると、わきがの症状に対して治療法の選択を誤ってしまうこともあります。せっかく手術をし治療を行っても、期待した効果を得られないこともあるので、手術方法を選ぶ時は医師としっかり話し合いカウセリングを受けるようにしてください。

長い間悩んでいたわきがを治すのですから、自分が納得の行く方法で手術や治療をして欲しいと思います。

クリニックの選び方

わきがの治療をクリニックで行う場合に気をつける点があります。よく調べてからわきがの治療を始めるようにしてください。

●クリニックで行われているわきがの治療法はどのようなものがあるのか

●わきが治療後の効果についてきちんと調べる

●わきがの治療後は再発の恐れはないか

●クリニックの医師は信頼できて過去の実績がどうなのかを調べる

●希望していないわきが治療の手術や療法をクリニック側が無理に押し付けてこないか

●クリニック全体の雰囲気は明るいか

●対応してくれる人は親切に説明してくれるか

●事前にわきが治療にかかる費用や手法を説明してくれるか。

これらの事はクリニックを選ぶ時に重要なポイントになります。一番大切な事は、そのクリニックが信頼できるクリニックなのかという点です。

焦らずに自分にピッタリのクリニックが見つかるまで、慎重に選ぶようにしましょう。

保険適応についてもきちんと調べるようにしてください。

わきがの治療を行う時、社会保険や国民保険が適応されるか気になりますが、軽度の日常生活に支障のないわきがの場合は保険の適応外になります。

保険適応とされる手術を行った時や、重度のわきがと診断された場合やなどは適応になることもあります。

入院手術の治療費が高額の場合は高額医療費の支給対象になることもあるので、各保険事務所などに問い合わせて聞いて見てください。

ボトックス治療のメリットとデメリット

わきが治療をお考えの方、ボトックス注射でわきが治療を受ける方は治療後に失敗したなどの後悔がないようにメリットとデメリットの知識を得る事が大切だと考えられます。

■わきがを治すボトックス治療のメリット
 施術の時間が短いので多忙な人にお勧め
 周りの人に知られたくない方でも治療が可能
 ボトックスを注射で注入するだけの治療法なので、傷跡が目立たない
 ボトックス治療を受けた後でも、すぐに通常の日常生活を送ることができる

■わきがを治すボトックス治療のデメリット
 軽度のわきがの方に効果的とされる
 重度のわきがの方は、ボトックス治療だけ行ってもあまり効果は期待できない
 効果がある期間が永久的なものではない
 効果が切れた時には再度ボトックス注射をしなければならない
 他の治療と比べて1回の治療費は低価格ですが定期的に注射しなければならないので総合的に考えるとボトックス治療は術代が高い


このようにボトックス治療はメリットとデメリットに分かれます。自分のわきがの症状をよく知って、治療を行うことが大切です。

わきがの手術に対して関心があっても、なかなか踏み出せず、不安感がある人も多いのではないでしょうか。実際にわきが手術をした人の体験談を聞き、投稿を読んでみる事をお勧めします。

わきが手術の体験談はインターネットなどで検索すれば、数多くの話を読むことが出来ます。体験談を読んでみるとほとんどの人が、わきがが大きなコンプレックスになっていたという事が分かります。

わきがの手術をしたことで精神的にも明るくなった人が多く、コンプレックスから開放され人生が変わったと言う声が多数寄せられています。

手術が怖くてもカウンセリングをしただけで気持ちが開放され、症状がやわらいだケースもあります。

わきがの治療法の種類

わきがの治療法には色々な種類があります。基礎知識をしっかりと学んでから病院を選び、自分の症状に合った治療法を選んでください。

わきがの治療法
●手術療法
 わきがの臭いの元となるアポクリン腺を取り除きます。根本的に治すにはこの方法しかないと考えられています。手術によって施術法は異なります。

●薬物療法
 市販されている制汗薬や殺菌剤が含まれた種類の商品を使いわきがの臭いを予防します。薬を飲んで治療するのではありません。薬物療法は一時的な効果が期待できますが治るわけではありません。わきがの症状が重度の方にはあまりお勧めできない方法と言えるでしょう。

●ボトックス療法
 ボトックスを注入してエクリン腺から出る汗を一時的に止めます。軽度のわきがの方や多汗症とわきがを併発している方に効果的です。

このようにわきがの治療法の種類は、一つに限りません自分に合った治療方法と、クリニックを探して、納得のいく治療をおこなって欲しいと思います。

解らないことなどは一人で考えずに専門の医師に相談してみましょう。カウンセリングは無料で行っている所もあります。

電話での相談やインターネットを使ったメールの相談などもあるので調べてみてください。顔が見えないので女性の方はメールの相談は気持ちが楽かもしれないですね。

いくつかのクリニックから様々な話を聞いてみるのもいいでしょう。

超音波法とボトックス治療法

わきがの治療法の一つに最先端の手術療法、超音波法があります。

超音波法とは、数ミリわきの皮膚を開きその部分から超音波発生器を挿入します。わきがの原因となっている皮脂腺やアポクリン腺、エクリン汗腺を破砕して取り除く治療法です。

従来のわきが治療の手術に比べると、超音波法は切開する範囲が小さく傷跡も残りにくいと言われています。超音波法の特徴は、体への負担を最小限に抑えることができる点です。

忙しくてなかなか時間がとれない人や人に気づかれたくない人は、術後の回復が早いのでとてもお勧めなわきがの治療法です。

わきがの治療手術は、皮膚の下の組織を根こそぎとり毛根まで取る方法でしたが、超音波法はわき毛を残す事も可能です。

手術を受ける前に医師とよく話し合うことが大切ですね。男性の方も安心して治療をうけることができるのが超音波法です。

わきがのボトックス治療とは、わきがや多汗症の治療に行われる治療法です。

注射でボツリヌス菌が作る毒素を使った薬を注入します。3ヶ月から6ヶ月ほどエクリン汗腺の活動を停止させる作用をもっています。

ボトックス治療は多汗症の治療に効果があります。

わきがの臭いの原因となる汗線はエクリン汗腺ではなくアポクリン汗腺なので、わきがの症状が重度の方はあまり効果は期待できないようです。

ボトックス注射は汗を抑えることができますが、臭いを出すアポクリン汗腺の活動が変わりません。

軽度のわきがで悩んでいる方、わきがだけでなく多汗症の症状がある方、メスを使った治療に抵抗がある方は試してみてください。

内服薬とレーザーシェーピング治療

わきがの薬といえば、制汗剤などの外用薬が主流となっています。病院に相談すると内服薬を処方してくれる病院もあるようです。

内服薬は全身の発汗を抑える作用の薬です。しかし副作用として、涙や唾液などの体液も同時に減少してしまいます。あまりわきがの治療に適した薬ではないようです。

精神的なもので多汗となってしまい、わきがを引き起こす場合の内服薬は精神安定剤などが効果的と言われています。

眠気やだるさなどの副作用が出る場合もあり、内服する際は運転が出来なかったり、仕事や勉強に集中出来ないなどの面もあるようです。

薬は外用薬でも内服薬でも、わきがの症状を一時的に抑える作用に過ぎないので、完治させるにはやはり手術を受けることをお勧めします。

わきがのレーザーシェーピング治療の方法とは、わきがの原因となるアポクリン汗線を小さな傷跡で的確に取り除く治療法です。

色々なわきがの治療法がありますが、レーザーシェーピング療法の特徴は、傷跡が小さくおしゃれを楽しみたい女性の方に大変人気があります。

吸引しやすくする為にレーザーで汗腺を燃焼して破壊します。4ミリ程度切開をしてそこからシェーピング治療器を挿入します。この方法で汗腺を確実にそぎ落とします。

切開部位が非常に小さく傷跡も殆ど目立たちません。臭いや汗の原因である汗腺がしっかりと除去され効果も絶大です。

この方法は皮膚の合併症がおこるケースも少ないので安全なわきがの治療法だといえます。解らないことは直接クリニックに問い合わせて聞いてみてください。

わきがの再発

わきがの手術が上手くいけば、わきがは完治しますが再発する可能性もあります。

わきがを治療するために行われる手術は、原因となるアポクリン腺をすべてを除去する方法です。

手術で再発する事はないのですが、アポクリン腺の根は皮膚の真皮まで一部がもぐりこんでいる為に経験豊富な腕のよい医師の技術でないと、すべてを除去するには難しいのです。

汗腺の組織は再生しやすい性質なのでアポクリン汗腺が中途半端に削り取られると、数年後には元に戻ってしまうのです。これでわきがが再発してしまいます。

メスを使わないわきがの治療は、わきがの症状が一時的に抑えられますが一定期間が経つと再発するのが一般的です。

わきがの治療を受けたあとに再発しないようにするには、完治するわきがの治療法選びとクリニック選びがとても大切なことになります。

わきがの悩みから永久に開放されたい方は、病院などで相談することをお勧めします。

食事が欧米化されてきた影響もあり、最近日本でもわきがについて悩む人が増えてきました。わきが治療専門の病院も全国で数多くあり、わきがの治療の専門家も増えています。

わきがの治療法は、美容整形・皮膚科・美容外科でも違い、医師によっても異なります。効果があるわきが治療を行いたい時は、あせらずに様々な病院でカウセリングを行い自分にあった病院が見つかるまで探しましょう。

良い病院で治療を行い、わきがの悩みとさようならして欲しいと思います。

わきが対策の消臭

わきがの症状が軽度で日常生活が普通に送れるぐらいであれば、臭いの分子を吸着してくれる消臭剤を使用することがわきが対策になります。

消臭に関しての化学も最近は進歩してきており、臭いの元を無臭の成分にしてしまう消臭剤も販売されています。

悪臭の元となる成分をつつみこみ臭いを発生させないようにする消臭剤もあるので、効果の高い消臭剤を選んでみてください。

消臭剤は悪臭を消す作用だけでなく、抗菌作用や殺菌、制汗作用が入っている物もあります。

わきが対策には消臭剤もお勧めですが、酢が効くと言われています。お酢を飲むとわきがの臭いに効果的です。

理由として筋肉痛や肩こりの元となる疲労物質が乳酸です。過剰に溜まると汗腺に入り込み、乳酸が増加する事があります。

乳酸が汗腺の中で増加するとアンモニアが大量に分泌されます。この原理は、わきが臭をきつくさせるのです。

お酢を飲むことで乳酸が体内で溜まりにくくなります。更に血液の流れもよくなるので乳酸を排出してくれる作用が期待できます。

わきがの臭いを抑えるには良い汗をかくことも大切です。お酢は良い汗に必要なカルシウムの体内吸収を促進する働きもあるので、わきが対策として日々の生活にお酢を取り入れるようにしてみてください。

健康にもよく、わきがの対策にもなれば一石二鳥ですね。悩む前に何でも試してみることが大切だと思います。

簡単な対処法

デートの時に緊張して思わぬ汗をかいてしまったり、わきの下に汗をかいてわきがの臭いが気になり一日が楽しめなかったりなどの経験はありませんか。

そんな時に便利なわきがの対処法を紹介します。

わきの下に汗をかいてしまった時はハンドタオルに水を含ませて固くしぼります。タオルでわきの下の汗をふき取りましょう。その後に乾いた布で水分をふき取ります。

水を含ませたタオルで拭くだけでアポクリン汗や脂質汗もふき取る事ができます。これはわきがの臭いの元となる汗をふき取るので効果的と言えます。

とても簡単な事ですが細菌の繁殖もふせぐので、臭いがまったく異なります。

スプレータイプの制汗剤を使用する場合は、拭いた後の仕上げとして利用するようにしてください。

わきが対策のクリームも効果があります。わきが対策用クリームは沢山の種類がドラッグストアなどで販売されています。

わきが用のクリームには2種類あり、それぞれの効果が異なるので種類をきちんと見極めて自分に合ったものを使いましょう。

わきが対策のクリームには殺菌効果と臭いを抑える効果の2種類のクリームがあります。

効果が出ないと感じている方は、クリームの種類を変えて自分にあったクリームを使うようにしてください。

わきが対策用のクリームが効かない方は、わきがの症状が重度である恐れがあります。

重度の方は、わきがの臭いを抑える対策も必要ですが、根本的な治療をした方がいいでしょう。

わきがを治す

わきがの対策法には二通りの意味があります。

一つはわきがを根本的から治すという意味で、もう一つはわきがの臭いが気にならなくなったという、二種類の意味の取り方があります。

わきが対策には症状を一時的に無くす対策方法と、わきがの原因となる元を手術などで取り除く対策方法があります。

わきがの悩みの大きさは人それぞれ違います。治すという定義も個人によって変わると思います。

わきがを治したい考えている人は、どのぐらいまでの対処を考えているのか自分の中ではっきりさせましょう。

様々な治療があるので選び出す事が難しいと思います。きちんと自分の考えを持ち、治療していく事をお勧めします。

わきがは正しい治療を行えば必ず完治します。わきがを根本的に完治させるには、手術が必要になります。手術はわきがの原因であるアポクリン汗腺を取り除く手術です。

何もせずに自然に完治することはありません。市販で販売されている商品を使用しても完治することはできません。

手術もクリニックや術法によって様々ですが、完治させるには完全に汗腺組織を削除する手術を選んで下さい。

治療医の腕によって結果が異なる場合もあり同じ手術でも術後が違うことがあります。わきがを完治させるにはクリニック選びも大切な要素になります。

どうしてもメスを使うのは嫌な方にボトックス注射やレーザー治療を使ったわきが治療があります。しかしこの治療では、完治するのは難しいと考えてください。

わきがの自己診断方法

わきがの人と洋服の貸し借りをしたら、わきががうつると言う話を聞いたことはありませんか?わきがはうつる病気ではないので、そのような心配はしないでください。

わきがの原因の知識がみなさんにあれば分かる事なのです。

わきがとは、わきの下にあるアポクリン汗線から分泌される汗が原因です。わきがは体質的なもので、体組織の一部分が原因と言われています。

水虫や風邪のように触れたからうつるという事は絶対にありえません。ホルモンの活動が活発になる思春期の頃、わきがが発症しやすい時期になります。

この時期の服の貸し借りが、この噂の真相ではないかと思われます。わきがは体質や遺伝的なもので感染症ではないう知識をみなさんがもつことが大切だと言えます。

ここでわきがの自己診断をしてみましょう。わきがの臭いは、周囲の人に迷惑をかけてしまいます。早めの臭い予防策をたてわきがと上手に付き合って行くことが大切です。

■わきがの自己診断方法
初めにわきにガーゼを挟みます。そのガーゼを密閉容器に入れて部屋を換気し一度部屋を出ます。

再び部屋に入ったら、ガーゼの入っている容器をあてください。そしてまた外にでます。4〜5分後に部屋に入室して部屋のにおいを調べてください。

▲重度のわきがの人は、部屋に入ったとたん臭います。

▲中度のわきがであれば、ガーゼに直接鼻を近づけると臭う程度です。

▲軽度のわきがの人は、あまり臭いを感じないでしょう。

中度以上のわきがの人は、医療機関でわきがの診断を受けることをお勧めします。予防策を検討し周囲に気を使うことのない毎日を送って欲しいと思います。

わきがの悩み

わきがの症状で一番困るのは臭いですね。

臭いが原因で自分の好きな服が着られなかったり、積極的になれなかったり、また結婚適齢期になっても異性への接触に恐怖感を感じてしまう人もいます。

軽度のわきがであれば、わきの下を清潔に保ったり生活習慣の見直しで、悩みはかなり解消されます。制汗剤や細菌を繁殖させない薬などでも臭いを解消することが出来ます。ドラッグストアのさまざまなわきが対策商品を使ってみるのもいいでしょう。

それらの対策だけではカバーできないわきがの方もいらっしゃいます。その場合は手術やレーザー治療などを受けてみてください。

悩みを解決する糸口として一度専門医に相談される事をお勧めします。わきが治療を行っているクリニックは多数あるので自宅から近いクリニックで直接不安に思っていることなどを聞いてみてください。

自宅で出来る臭い対策として、わきがの臭いを予防出来る殺菌石鹸の使用をお勧めします。わきがの臭いを予防するために大切なことは、わきの下を清潔に保つ事です。

石鹸にこだわりを持つことで、わきの下を更に清潔を保つ事ができます。普通の固形石鹸やボディソープは、汗や汚れを落としますが、清潔に保つ効果が短いのです。

弱酸性や殺菌効果がある石鹸は雑菌の繁殖を抑える作用があります。普通の石鹸に比べ殺菌効果がある石鹸は臭いを予防します。

入浴の時に毎日殺菌効果のある石鹸を使えば、わきがの臭いを予防することが出来ます。しかし入浴をしすぎてゴシゴシ洗うのは逆効果になるので、1日1回を目安にしてください。

わきが予防の脱毛法

わきがの臭いの予防には脱毛は効果的とされています。わきが特有の嫌な臭いの要因にわき毛が関係しています。

この毛を脱毛することにより臭いをある程度予防することができます。わき毛の手入れをしないでいると、わき毛でアポクリン汗や皮脂が絡み合い、細菌が繁殖して臭いを加速させてしまいます。

臭いの発生元でもあるわき毛は臭いを周囲に発散させてしまいます。しかし間違った脱毛方法は、わきがを悪化させてしまうおそれがあるので気をつけなければいけません。

自己処理でわき毛を脱毛する場合、絶対にしてはならないことは毛抜きを脱毛に使用することです。

強引に毛抜きでわき毛を引っ張ってしまうと毛穴の皮脂腺やアポクリン汗腺に過剰な刺激を加えることになってしまいます。よって汗の分泌が活性化してしまう恐れがあるのです。

わき毛をご自分で自己処理する場合は一番肌に負担をかけにくいレディスシェイバーがお勧めです。

クリニックでわきがの臭いを予防する為の脱毛はレーザー脱毛をお勧めします。レーザー脱毛は毛穴をあまり刺激しません。

不安な場合は専門の医師に相談してください。

レーザー脱毛の効果は、わきの色素沈着も薄くする作用があります。色素沈着は多汗症やわきがの人に多い症状です。

脱毛することでわきがが完治するわけではありませんが、臭いを予防する事ができます。根本的な治療法ではありませんが、清潔にしておくと言うことが大切です。

間違った脱毛法が、わきがの症状を悪化させてしまうと言うことがわかっていただけだかと思います。

正しい脱毛法で女性の美しさを手に入れましょう。

わきが関連ブログや掲示板

わきがのブログで検索をかけてみると、沢山のブログがヒットします。わきがに関してのブログが多いのは、それだけわきがで悩んでいる人が多くいると言うことです。

いろいろな情報や知識を得るにはブログや掲示板を上手に利用していろいろな人の体験を参考にして欲しいと思います。

ブログは編集や更新がしやすいので最新の情報がいち早くアップされています。わきがに関しての知識や情報を得る場合はブログを上手に利用したり、情報提供しているサイトをチェックすることが大切です。

またブログの中にはわきがに関しての医療行為を受けた体験談や基礎知識などが多く記載されています。わきが対策の薬や手法に関しての記事も載っているので、ブログは多いに参考になります。

掲示板ではわきがについての悩みを相談したりすることが出来ます。わきがの悩みは友達や家族など親しい人にもなかなか相談しにくい悩みです。

誰にも相談できずに間違った治療やわきがの改善策を自己流で行うと、症状が悪化してしまうケースがあります。

知人に相談しにくい悩みは一人で悩まずに掲示板を使って相談して欲しいと思います。

掲示板では匿名で悩みを相談出来ます。知りたかった事やなかなか聞くことが出来ない恥ずかしい事まで、何でも相談してください。

わきが治療クリニックの情報交換などの掲示板も有効に使うことが出来ます。この時注意しなければならないことは匿名であることでひやかしや嘘の情報なども掲示されてしまうことです。

その点を注意して、わきがについての掲示板やブログを活用して頂きたいと思います。

汗と臭いについて

わきがではない人がわきがの人の近くにいると、その臭いは耐えがたいものであります。しかし、わきがの臭いを発生させている本人は気づいていないことが多いのです。

その理由として、わきがの人はその臭いに鼻が慣れてしまっていると考えられます。自分が臭っている事に気づかないために、わきがであることを知らない人も多くいます。

私たちがその家に行くと、その家特有の匂いを感じたことはありませんか?その原理と同じことなのです。

わきがの臭いは、周りの人は気づきやすいものなのに、わきがという問題で指摘がしにくく、自分がわきがだと気づけない人が多いことも現状です。

ちょっと臭いがするかな?と感じたら、親しい人に思い切って聞いてみることも大切なのかもしれません。

わきがの原因となる汗ですが、汗には良い汗と悪い汗の2種類があります。

良い汗とはエクリン汗腺から発汗される汗で運動した時に出ます。この汗自体に匂いはなく、わずかな塩分を含んでいます。

わきがの原因となる雑菌の繁殖を抑制してくれる汗なので、多くの汗をかいても問題ありません。しかし悪い汗はベタベタしていてミネラルが含まれています。

雑菌が繁殖しやすい汗なので、わきがの原因となります。

多汗症の場合は精神的な発汗によるもので、エクリン汗腺から発汗される良い汗です。しかしミネラルを含んだ悪い汗が出る場合もあるので、その汗が嫌な臭いの原因を作っています。

すべての汗がわきがの原因ではないことを理解し、良い汗と悪い汗があるという事を知っておくことも大切です。

子供のわきが

子供は、わきがの原因となるアポクリン汗腺自体が活動していないので、子供はわきがと無縁だと考えられていました。

しかし昔の子供と比べ現代の子供は発達がよくなっているため、わきがの発症も低年齢化し小学生の子供でもわきがになる症例が上げられています。

特にわきがの発生率は、女の子よりも男の子の方が高くなっていると言われています。

小学校の高学年は、異性の目やファッションなど極端に気になる時期になります。いろいろなことに敏感になる時期なので、わきがに対しての正しい知識を得る事が大切だと言えるでしょう。

子供のわきが対策として一番大切な事は毎日の入浴です。元気な子供は、冬でも活発に動き温かい場所では沢山の汗をかいてしまいます。

汗を放置しておくと殺菌が繁殖し、わきがの臭いも強くなるので毎日お風呂にしっかり入りましょう。特にわきの下は、スポンジを使い石鹸をよく泡立てしっかり洗うようにしましょう。

夏でもシャワーだけでなく、湯船で体を温めることもわきが対策に必要なこととなります。

そのほかにも菌の繁殖を防ぐ薬や制汗剤などが市販されています。また、わきがの手術は小学生でも受けることが出来ます。

手術法によって受けられる手術と受けられない手術がありますが、専門医に相談しきちんとしたカウセリングを受けることをお勧めします。

ご両親が子供の気持ちや体のことをわかってあげることが1番大切なことです。

遺伝とわきがになりやすい女性

わきがの遺伝についてですが、わきがは病気と違い体質的なものと考えられます。突然病気のようにわきがになるのではなく、わきがの遺伝をもっている人がわきがになります。このようにわきがは遺伝すると考えられるのです。

わきがは遺伝の中でも優性遺伝と言われ、遺伝しやすい傾向にあります。子供にわきがが遺伝する可能性は、父親か母親の片方がわきがの場合は5割と言われています。

両親ともにわきがの場合は遺伝率が高く約8割がすると言われています。

わきがの遺伝は発病するのに個人差があり、早い人は小学生ぐらいからわきがの症状が出ます。20代後半になってからわきがの症状が出たという人もいるので発病は様々です。

親がわきがである人の場合は、遺伝して自分もわきが体質になっている可能性が高いと考えられます。早めの治療を行うようにすることをお勧めします。


わきがは女性の方がなりやすいと言うのは、女性はわきがになりやすい体質なのです。わきがというと中年の男性がなるイメージを持つ人も多いかと思います。

女性は男性に比べて臭いに敏感です。男性に比べ女性はわきがの原因となるアポクリン汗腺の数が多く、その汗腺の活動もホルモンの関係上活発です。

皮下脂肪も女性の方が溜まりやすいと言われ、皮下脂肪はアポクリン汗腺や皮脂腺を刺激する作用があり、わきがの原因である汗が出るのです。そのために汗腺が活性化されます。

女性は男性に比べると、わきがになりやすい体質であるということがよくわかると思います。

わきがと多汗症の違い

多汗症とは汗の腺の一種であるアポクリン汗腺も含めて、汗の分泌量が多いものを指します。

多汗症は2種類に分けることが出来、一つは特殊な病気の症状、もう一つは生理的な治療の必要がない多汗症です。

汗を何ミリリットル以上かくから多汗症というものではないのです。緊張しやすい人はよく汗をかきます。太った人は、仕事や運動で軽く体を動かしただけでも汗をかきますね。

これは異常なことではなく生理現象なのです。体にとっては必要な汗なので心配することはありません。

一般的に男性は女性より汗かきの人が多く、男性ホルモンには汗腺の機能を高め、発汗を促進する作用があるのです。

多汗症はワキの下に限らず手足や顔にも起こります。多汗症の人すべてが臭いを発するわけではないことを知って欲しいと思います。

ここで自分はわきがなのかチェックしてみましょう。次の項目にあてはまる数が多い方は、わきがである可能性があります。

●自分は汗をかきやすい
●比較的に毛深い
●日々のストレスがたまりやすい
●脱いだ靴下や靴の臭いがくさい(気になる)
●どちらかといえば、あぶら性だと思う
●家族や親戚にわきがの人がいる(特に祖父母)
●野菜が嫌い。肉類が好き
●お酒は好きで良く飲む
●油っぽいものをよく食べる
●洋服のわきの下に黄ばみができることがある
●香水などをたくさんつける
●耳垢が湿っている

自分のにおいは自分ではわからないものです。わきがであるかどうかチェックしてみた結果はどうでしたか?

少しでもわきがかもしれないと不安に感じるのであれば、専門の医師に相談してみてくださいね。

わきがの予防

汗腺が太く大きくなる原因は、動物性脂肪を多く摂りすぎて皮脂腺の働きが活発になるからと言われています。

皮脂腺から出る油脂成分はアポクリン汗腺とエクリン汗腺を発達させ、わきがの臭いと汗の臭いを強くします。

欧米人の体臭が日本人より強い原因の一つは動物性脂肪の摂取量が多いことです。タンパク質を過剰摂取すると多汗の原因になります。

タンパク質が肝臓内で分解されるとき他の栄養素の約5倍の熱エネルギーが発生します。

汗の原因となるものはこの熱です。肉類の摂取を控えることで臭いと汗の両方を予防することが出来ます。

食生活でもわきがのにおいを軽減させることができます。

■においを抑えるために気をつける食生活は以下の通りです。
 アルカリ性の食品を中心とする。
 栄養のバランスを考え、なるべく多くの種類の食品を摂取する。
 ナトリウム、カルシウム、カリウムなどの緑黄色野菜や海草類で、ミネラル分を多く含んだ食品を摂取する。
 食事は規則正しく。
 胃に負担をかけないようにし、腹八分目にとどめる。
 刺激の強い香辛料の入ったものや、ニオイの強い食品やなどはできるだけ避ける。
 塩分と糖分を控える。
 良質の植物性脂肪を選ぶようにする。

■以下の物は、わきがのにおいを強くさせることがあります。
 高タンパク、高脂肪の酸性食品。肉類や卵などを多く取り過ぎない。
 好きなものばかり食べる偏食。
 有害な添加物を含んだ食品。インスタント食品など。
 食生活が不規則である。
 早食いや大食いで胃に負担をかける。
 酒、タバコを好む。
 香辛料やニオイの強い食品などが好きで、塩分、糖分を多く取っている。

食生活でわきがをすこしでも予防できるように、みなさんの食生活を見直してみましょう。

わきがの原因

ワキの下にはアポクリン汗腺、皮脂腺、エクリン汗腺の3つの分泌腺が存在します。

においの原因のひとつは、エクリン汗腺から出る汗によるものです。この汗はスポーツをした時や暑いときなどにかく汗で体温調整のために必要な汗になります。

この汗の特徴は、粘り気がなくさらっとしていて99%が水分で1%が塩分の汗です。

体中にはエクリン汗腺が約230万個もあります。つねに汗を分泌し皮脂腺から出る皮脂と混ざり合うことで皮膚をしっとりとさせています。

この汗をかいた後、皮膚は弱酸性に傾きます。そして皮膚の常在菌の繁殖を抑えているのです。

もうひとつの汗はアポクリン汗腺から出るものです。

この汗腺はわきの下、耳の中、性器の周辺、乳首のまわりなど特定の場所に集っているのが特徴です。ここから出る汗はエクリン汗とは違い粘り気があります。

脂肪、色素、鉄分、蛍光物質、アンモニアなどからこの汗はできています。

汗そのものの臭いはなく無臭ですが、これらの成分を皮膚の常在菌が取り込んで分解するとわきが臭が発生します。

色は乳白色で汗じみや黄バミの原因となります。この汗がわきがの原因になるものです皮脂腺とは汗腺ではありません。

全身の皮膚に分布する腺組織で皮脂腺は油脂成分を分泌します。

皮脂がたくさん分泌されると脂肪分は細菌のエサになります。細菌が増殖したことが原因で臭いが出るとも言われています。

わきが体質

わきがとは病気ではなく人間の体質です。全ての人間にその人特有の体臭がありますね。わきが体質の人は、その人特有の体臭が独特のわきがの臭いを持っています。

そのにおいは、人によってさほど気にならないものであったり、とても不快なものだったりするでしょう。

わきが体質といっても人によって程度が様々であり、治療が必要になるかならないかは、わきがの程度と本人の意思によります。

わきがは、病気ではありません。わきがだから治療が必要と言うわけではないのです。

大抵の人間は自分のにおいには気づきにくく、自分のにおいがどのようなものなのか知る人の方が少ないでしょう。

自分自身がわきが体質であることを知らない人も多くいます。日本には、わきがで悩んでいる人が多数います。しかし欧米では、ほとんどの人がわきがに対して悩んではいないのです。

この理由は人種によりわきが体質の割合が違うことが考えられます。一般的に黒人は100%の割合でわきが体質と言われています。欧米人の割合は、80%といわれています。

これに対してわきがと言われる日本人は約10%なのです。中国人は3〜5%の人がわきが体質とされています。

日本人は体臭がない人が多数の割合を占めるので周囲のにおいが特に気になるのかもしれません。欧米人の考えは、体臭はあたりまえの事と認識しているので気にする人はいないのです。

もし自分がわきがであることを悩んでいたら、においが気になっていたら、専門の医師に相談してみて下さい。

現代にはさまざまな治療法があります。わきがの手術を受けてコンプレックスを解消して欲しいと思います。