加齢臭 体臭予防と体臭対策を考える

足の加齢臭

加齢臭は全身から発生するものですが、その中でも「」「」「」が特に強く感じる部位です。ここではについてご説明したいと思います。


足の臭いって普段はあまり気にしませんが、靴を脱がなければならない時、つい臭いが気になって脱ぐのを躊躇してしまう事ってないでしょうか?

特に通気性の悪い靴を長時間履いている場合など、足に汗をかいてしまい、結果臭いが出てきてしまうと言う結果になることがあります。

足の裏にはエリクソン腺という汗の出る穴があり、さらに密集しているので、両足で一日にコップ1杯ほど汗をかきます。

通常この足の裏の汗は無臭なのですが、処理せずに放っておくと空気中の雑菌と混ざり、分解し、悪臭を発生させると言う話もあります。

こうならないように足の臭いを防ぐ必要があります。

予防法には通気性をよくし、常に清潔にすることが大切です。また生活習慣も見直さなければなりません。

ある一定の年齢を過ぎると加齢臭が出てくる人がいます。加齢臭が強く出る原因の一つに生活習慣の乱れがあります。

足の臭いと加齢臭がダブルで体から発せられるとかなりきついですよね。

脂っこい食事は控えたりストレスを抱えたりしないよう、生活習慣から見直していき、清潔にすることである程度臭いの予防ができると思いますのでぜひ試してみてください。

靴を正しく選ぶことも臭い予防に効果がありますので通気性がよいものなど選んではいてみてください。

tag:加齢臭 足

脇の加齢臭

の加齢臭についてご説明したいと思います。


脇の臭いって季節を問わず気になるものですよね。この脇の臭いと加齢臭が混ざり合う事できつい臭いになる可能性もあります。

脇の臭いは加齢臭に関わらず、若い人でも気にしている人はたくさんいると思います。特に夏場になると臭いが強く出るので周りの人にも気付かれてしまう可能性もあります。

脇の臭いの原因となっているのは脇の下にある汗腺のアポクリン腺と エクリン腺、皮脂腺という3つの腺から発生されている分泌物によって発生されていることが原因とされています。

ワキガが気になる人は一般的にアポクリン腺が多いために発生されているようです。

ワキガで悩んでいる人は世界中にたくさんいますが、だいたい日本人の1割〜2割が脇の臭いに悩んでいるようです。

日本人は体臭がそれほど強くない人種の為、脇の臭いには敏感に反応してしまいがちです。

さらにこの臭いに加齢臭の臭いが重なると強烈な臭いになる場合があるため、加齢臭があるなと感じる方はさらに気をつけて清潔にするなどした方がいいと思います。

たとえば、薬用の石鹸を使ったり、汗をまめにふき取ったり、最悪は手術をしたり、生活習慣から食生活を整えてみたりと色々対策方法はあります。まずは自分に合った方法から試していってはいかがでしょうか?

tag:加齢臭 脇

頭の加齢臭

の加齢臭についてご説明したいと思います。


加齢臭と言えばポマードの臭いと思われるほど、整髪料の臭いが定着しています。これは中高年のおじさん達がよく付けていることからイメージされている臭いです。

頭の臭いと一言で言っていますが、頭の臭いには頭髪と頭皮の二種類の臭いがあります。

頭髪から出る臭いは髪の毛から発せられる独特の臭いの事を指しています。これは髪の毛が臭いを吸収しやすい性質を持っているためであり、タバコの臭いや食べ物の臭いなど周りの臭いを吸収し結果悪臭を放ってしまうという訳です。

とりわけ短髪の人よりは長髪の人の方が、面積が広い分より悪臭を放ってしまいますまた髪の毛が痛んでいる状態だと痛んでいるところから臭いが吸収されてしまうため、短髪、長髪関係なく臭いを出してしまう結果になってしまいます。ですから常日頃からのケアが必要になります。

次に頭髪の臭いですがフケが原因の一つとされています。頭皮の臭いとは湿っぽいフケの臭いのことや、そのフケが空気中にある最近と混ざって発生されている臭いの事を指しています。

頭髪でも頭皮でも頭からの臭いに関しては、頭をいつも清潔にすること、ケアをすることが大切だと言うことになると思います。

tag:加齢臭 頭

女性の加齢臭

なぜ女性に加齢臭が少ないのか

加齢臭といえばオヤジっていうイメージがありますが、女性には加齢臭はないのでしょうか?

ポイントは女性ホルモンと活性酸素にあります。活性酸素が活発に動くことから加齢臭や体臭が発生しますが、若いうちはホルモンの働きが活発であることから活性酸素が除去されるため臭いがあまり出ないために、加齢臭の原因のひとつであるパルミトオレイン酸の酸化も、ホルモンのおかげで抑制されることから臭いがあまり出ません。

年齢を重ねていくことによりホルモンの分泌量が減ってくることにより活性酸素の除去自体があまりできなくなってきます。この除去されない活性酸素が肌の老化や加齢臭などを引き起こす原因となっているのです。

なぜ男女に臭いの差が出るようになるのでしょうか?

ホルモンの分泌量の低下の差に違いがあるからで、男性は40歳を境にホルモンの分泌量が減ってきますが、女性は40歳を過ぎても活発に分泌されています。

ホルモンが分泌されない→活性酸素を除去できない→パルミトオレイン酸が酸化してしまう→臭いの元となるノネナールが発生する……と言う図式が成り立ってしまうのです。

これが男女の差なのです。ホルモンの分泌が盛んな女性には臭いが出ないということになります。

しかし、時期の違いはあるにせよ男女とも加齢臭を発生させる可能性はあると言うことになります。女性も閉経後はホルモンの分泌量が著しく低下するために臭いが出てくるようになります。


女性にも加齢臭は出る

年齢を重ねていくと脂肪酸が増加しくるしノネナールという加齢臭の元が増加してくるといわれています。

加齢臭の成分ノネナールは男女に関係なく40歳以降になると増加してくる傾向があります。同じ成分が体内にあるのですから、加齢臭が女性にも発生するということが分かると思います。

皮脂の分泌量というのは男性の方が女性より多いために、酸化してしまう可能性が高くなるということにも繋がります。

皮脂の分泌量はホルモンによって調整されるといってもいいと思いますが、女性のほうがホルモンの分泌されている期間が長いために、男性の方が早く加齢臭が発生してしまうということになってきます。

しかし女性も加齢臭が出てくるような年代になったとしても、いつまでも若々しくいたいと思いますよね。そこで加齢臭に対する予防や対策などを行っていくのがいいと思います。

加齢臭の専用の石鹸というのが市販されているようです。香水などで臭いをごまかすのではなく、消臭することを考えていくようにした方がいいと思います。

加齢臭予防は活性酸素対策から

人間誰しも年をとるということを避けて通ることは絶対にできません。しかし、年齢を重ねて出る可能性がある加齢臭に関しては、予防も対策もすることが可能です。

加齢臭の原因の一つに脂質が酸化するということがあげられます。この酸化というのは活性酸素が行っていることです。

活性酸素を体内の中で発生しないようにすれば酸化することも少なくなり、結果臭いも強くならないということになるのではないでしょうか?

臭いを発生させる原因に食べすぎ、飲みすぎ、吸いすぎ、ストレスといったこともあります。更に過度な運動も活性酸素を発生させることになるので注意が必要です。

活性酸素を発生させるという行為自体は避けることができませんが、抑えることは可能ですので活性酸素の発生に繋がる行為をやめていき、発生を抑えていくようにしたいものです。

活性酸素というのは若いうちは、消去する物質が体内にあるのでそんなに気にはしないのですが、年齢を重ねていくと体内でこの消去する物質が不足していくようになります。

食事やサプリメントなどで積極的に抗酸化物質を取り入れ、活性酸素を消去する力を補っていくようにしましょう。

加齢臭対策をするのには体の内側からだけのケアではなく、外側からもケアするようにしていきましょう。外側からできること、それは清潔にすることがあげられます。

汗をかいたらこまめに拭き取る、洋服はできるだけ毎日変える。下着もデオドラント製品を使ったりしてできるだけ対策できるようにしていきましょう。

加齢臭の強い人弱い人

加齢臭が強く出る人もいれば弱く出る人もいます。この強さの差というのはいったいどういうところにあるのでしょうか?

ある化粧品メーカーが成分を分析して検出されたノネナールという成分が若い人より40歳を過ぎた人あたりの人の方が多く検出され、加齢臭の原因であるということを特定した臭いが加齢臭です。

40歳を過ぎた頃から発生してくると言われている加齢臭ですが、場合によっては20代の人でも発生する可能性があることが分かっています。

人間の皮膚には、皮脂を出す穴と汗を出す穴というのがあります。皮脂を出す腺というのは、皮膚の内層部分にあり、脂質を貯めていき、皮脂を体の表面に腺を通して分泌していきます。

分泌する腺は手のひらと足の裏以外にあります。つまり全身に近い形であるということになります。ここから出される脂肪酸が酸化することで体臭の原因となる物質に変わってしまうということなのです。

不潔な人の臭いが強くなるのは当然の事です。体の表面にある脂肪分は放っておくと細菌が繁殖してしまい、臭いを発生させてしまいます。

毎日きちんと身体を洗って余分な皮脂を洗い流すようにしておきましょう。また洋服もこまめに取り替えるようにしましょう。

お酒やタバコ、食生活、ストレスでも加齢臭が強くなる場合がありますの、臭いが気になる方はできるところから控えていくようにして、十分に注意していくようにしましょう。

団塊の世代と加齢臭

団塊の世代の人にとって加齢臭というのは、今や悩みの種なんじゃないかと思います。

女性の中では若いときに「ダイエット」が流行し、美意識が高まってきた時代なのではないかと思います。現に今50代の女性にアンケートをしてみると、「おしゃれでいたい」「いつまでも若々しく恋愛もしていたい」などといった回答が多数出てくるそうです。

団塊の世代の男性は今の時代定年退職をしている時ですが、再就職したり、社会貢献をしたりなどして半現役というように社会とつながりを持っている人が多いようです。

団塊の世代の人たちは社会的にもまだまだ影響力がある年代と言えそうです。

そういった世代の人たちから加齢臭というのは発生していることも事実で、これは中高年から発せられる独特の体臭のことをさしています。

洋服などからロウソクのような臭いがしたと思ったら加齢臭かもしれません。本人はあまり自覚することは少ないかもしれませんが、ちょっとした勘違いで整髪剤の臭いがオヤジ臭と勘違いする場合がありますが、決して物のにおいではありません。体臭のことですので間違えないようにしましょう。

思い当たる人は予防や対策などを行ってみるのがいいと思いますが、香水で臭いを隠そうとすると、かえって悪臭を放つ場合がありますので、加齢臭対策用の石鹸など専用のものを使ったり、清潔にするようにしたりするようにしましょう。

アンチエイジングと加齢臭

アンチエイジングという新しい分野が登場してきたために、老化に対して諦めることがないようになってきました。アンチエイジングに興味がある方は多数いると思います。

加齢臭もアンチエイジングも生活習慣を改善していくことで対策や予防ができるということが大切だと思います。生活習慣を改善する。例えば睡眠があげられます。

老化とともにメラトニンや成長ホルモンなどが減少されていきます。この成分は抗酸化力をアップさせてくれるために、新陳代謝もよくなり皮膚の再生にも影響します。

このホルモンは質のよい睡眠をすることで分泌されるといわれていて、加齢臭やアンチエイジング対策に一役買うということになります。

アンチエイジングでも加齢臭でも予防や防止に必要不可欠なものとしてビタミンがあります。ビタミンの中でも特にビタミンCやE、カロチンなど抗酸化作用が強いものが必要です。

これを摂取することで予防や対策ができるのですが、熱に弱いのでドレッシングの油として使うなど加熱しないようにして摂取するようにしましょう。

アンチエイジングも加齢臭もどちらも気になるものだと思います。どちらかの対策をすればもう一方の方にもよい影響が出てくるものです。

いつまでも若々しくいられるように対策をできるところから徐々に始めていくようにしましょう。

加齢臭の原因

日本人は昔、和食中心の食生活をしていたために低脂肪高繊維質・植物性を多く摂取することとなり、体臭があまり発生しないという感じでした。

そういった食生活から最近では肉や乳製品を多くとるなど体臭が発生しやすい動物性脂肪過多の食生活になってきている為に、体臭に悩む人、加齢臭に悩む人が増えてきているようです。

加齢臭は俗に「オヤジ臭」とも言われていますが、男性だけのものではありません。女性でも若い人からでも加齢臭が発生する可能性はあります。

臭いの原因である動物性脂肪というのは、体内で酸化しそれが臭いとなってしまうということになります。酸化の原因としてはタバコ、お酒、ストレス、脂っぽい食生活、生活の不規則さなどが挙げられます。

この加齢臭を予防するためには、まず脂肪が多い食事を控えるようにすること、緑黄色野菜をたくさん摂取すること、ストレスを溜めないようにすること、お酒やタバコを控えるようにすること、適度な運動を心がけることなどがあげられます。

急に全部実行しろといっても無理だと思います。できるところから徐々に実行していくようにして、できるだけ体内に活性酸素を発生させないようにして加齢臭を予防・対策していくようにしましょう。

加齢臭とおじさん達の関係

加齢臭という言葉を聞くとついつい「自分のことを言っているのではないか」と思ってしまう世の中のおじさん達も少なくないと思います。

加齢臭というのは年齢を重ねた男性にしか発生しないものなのではなく、女性や若者達からも加齢臭が発生するということが最近分かってきているようです。

統計的にみると女性や若者よりは男性の方が多いのですが、それは男性の方が皮脂の分泌が盛んに行われているということが理由の一つとなっているようです。

女性は臭いに敏感で気をつける人も多いのであまり気にならなかったりする場合があります。

女性には生理があるので、生理がある間はホルモンの分泌量も多いために、皮脂の酸化に対する力が男性より強いので、臭いが発生する確率が少ないというのも男女に差がある理由です。

しかし女性も、その生理が閉経してしまうとホルモンの分泌量が男性とさほど変わらなくなるために加齢臭が発生してしまう可能性があるということになります。

加齢臭というと、おじさんの臭いと思ってついつい女性の人は安心してしまっている傾向があると思いますが、男性だけのものではないということがわかると思います。

生活習慣をちょっと見直すだけでも臭いの強さに差が出てくると思いますので、ぜひ改善してみてはいかがでしょうか?

男性の加齢臭と女性の加齢臭

女性には加齢臭というのはないのでしょうか?

加齢臭というと、中年男性ばかりが取りざたされるようなイメージですが、女性にも加齢臭というのは存在します。

女性の加齢臭は同年代の男性に比べると、格段に臭いが少ないので女性には加齢臭が無いと思われがちです。

なぜ男性と女性では臭いに差があるのでしょうか?
それは性ホルモンが違うからだと言われています。

男性ホルモンというのは加齢臭の元である皮脂腺の発達を促すために、皮脂が大量に分泌されます。その結果加齢臭の臭いの元となるノネナールが大量に発生するために臭うのです。

しかし女性ホルモンは酸化抑制効果があるために、脂肪酸が酸化しにくいという性質を持っています。そういう理由から、女性ホルモンが多い女性のほうが臭いがあまり感じられないという結果になるということになります。

ただし女性も閉経すると女性ホルモンが少なくなるため、加齢臭が出てくるということになります。

女性と男性では臭いに対するケアの仕方にも差があるように思います。一般的な話ですが女性のほうが清潔に気を使うし、香水を使うし、こまめに洗濯や着替えをするので臭いが発生しにくいということのように思います。

臭いの元となるのはノネナールだけではありません。生活習慣の乱れも臭いに結びつきます。お酒やタバコ、汗などからも臭いが混ざって更に強烈になります。

そうならないためにも常に生活習慣に気をつけ、清潔さを保つようにしていくのが臭いを発生させないコツだと思います。

食生活の見直しで加齢臭予防

「ノネナール」という成分が加齢臭の元になっています。

ノネナールは脂肪酸が酸化することで起きるものです。なので酸化しないように抗酸化作用がある食べ物などを意識して摂取するようにするだけで加齢臭の予防に繋がってきます。

具体的に抗酸化作用があるものというと、ビタミンC・E、ポリフェノール、リコピン、βカロチンなどがあります。

これらを摂取するには緑黄色野菜を摂取するのがいいと思いますが、熱に弱いビタミンなどもありますのでサラダなど生で食べる方法がより効果的だと思います。

ビタミンは多量摂取しても意味がありません。少量ずつ数回に分けて摂取するのが効果を持続させるポイントです

ポリフェノールはよく聞く言葉ですが、種類にすると5000種類以上もあります。

ゴマに含まれているセサミン、大豆に含まれているイソフラボン、緑茶に含まれているカテキンなどがあげられます。また香辛料などにも抗酸化作用があるので上手に摂取するようにしましょう。

腸内環境を整えて身体の中から予防することも大切です。腸内の中にある悪玉菌が増えてしまうと活性酸素の働きが活発になります。活性酸素が活発になると酸化もしやすくなるため臭いも強烈になっていきます。

腸内の環境を整えるには食物繊維を十分に摂取するようにするなど日々の食生活に気をつけることが大切となります。しかしこれだけ摂っていれば大丈夫という訳ではありません。バランスよい食事を摂取できるよう十分心がけましょう。

身体の中から加齢臭対策

食品などで身体の中から消臭効果を狙った『加齢臭対策商品』はいろいろありますが、ここではサプリメントを中心として説明してみたいと思います。

消臭効果が期待できるサプリメント
整腸作用があるサプリメントを服用すると、活性酸素の働きが抑えられるようになります。
これは腸内にある有害な細菌を退治したり、善玉菌を増やしたりと消臭効果が期待できるサプリメントです。

体質改善が期待できるサプリメント
加齢臭対策にも効果があるものですが、フレグランスタイプの飲むサプリメントがあります。
バラエキスが配合されているものなどは、服用すると美白効果の他に、体臭もバラの香りになるといった効果があるものがあります。
こういうものを摂取して加齢臭対策をしてみるのもいいと思います。

食べ物だけでなく、体に身につけるものでも加齢臭対策が可能なものもあります。

消臭効果が高い洗剤を使って洗濯するのでもいいですし、消臭効果がある枕カバーやシーツなど寝具でも加齢臭対策ができる商品なども売っています。消臭効果がある下着などもあります。

こういった効果があるものは、通常のものと比べると若干お値段も高めですが、効果は期待でいると思いますので、気にしている方は是非試してみることをおすすめします。

体の外側からでも内側からでも一手間加えるだけで加齢臭対策ができると思います。ご自分にあった対策方法を見つけて試してみてくださいね。

お風呂で加齢臭対策

加齢臭を気にする方にとってお風呂のときの対策というのはものすごく大切です。まず清潔にすることというのはもちろんですが、プラスアルファをして効果をアップさせるようにしてみましょう。

朝シャワーを浴びる
夜お風呂に入るという方は多いと思います。しかし、夜寝ているときには大量の汗と大量の皮脂を出しているものです。放っておいた状態でいると臭いの原因に繋がります。ですから朝シャワーを浴びて汗と皮脂を洗い流すといった手間一つで臭い対策になります。

加齢臭専用石鹸を使う
今は便利なことに加齢臭専用の石鹸というのが市販されています。値段は普通の石鹸に比べると高めですが、これを使うと効果が期待できると思いますのでぜひ試してみてはいかがでしょうか?

タオルを替えてみる
消臭効果があるタオルというのが市販されています。これを使うことによって加齢臭対策を行ってみるのはいかがでしょうか?

酢入り湯船につかる
加齢臭や体臭は雑菌が繁殖したことが原因で起こる場合もあります。この雑菌を殺菌するには酸が有効だとされています。この除菌、殺菌効果が期待できるものを手軽に試してみるのには黒酢があります。この黒酢の中にはクエン酸が含まれていて、おちょこ1杯程度を湯船の中に入れるだけで消臭効果、殺菌効果が期待できます。また最近では同じような効果が期待できる入浴剤も売っていますので試してみてください。

このように、入浴時にできる対策は簡単なものばかりですので是非取り入れてみてください。

加齢臭対策の食物

日本人というのは体臭が比較的少ないと言われています。

理由は食生活に関係があり、低脂肪高繊維質、植物性食品を中心としていることが理由とされています。すなわち和食を中心としている日本人は体臭が少ないということになるのです。

近年は食生活が欧米化してきているため、高タンパク質、高脂肪、肉、乳製品のような動物性脂肪の摂取により体臭が強く感じるようになってきているようになりました。

臭いを出すには動物性脂肪が酸化することが理由ですが、この酸化は喫煙、飲酒、食生活、不規則な生活、ストレスが原因とされているようです。

参加するには活性酸素が元になっていますがこの活性酸素は生活習慣病の元凶ともなっていますので臭いを防止するだけでなく、健康になるためにも活性酸素を対策することは非常に重要と言うことになります。

しかし、この活性酸素は人間が生きていくうえで避けられないものです。ですから抗酸化作用がある食品または健康補助食品などを摂取したりするなどして対応してみてはいかがでしょうか?

下記に抗酸化作用が期待できる食品を揚げてみますので参考にしてみてください。

お茶、大豆、ブルーベリー、トマト、にんじん、パセリ、ほうれん草、ゴマなどがあります。比較的食する機会が多い食べ物ばかりだと思いますので上手に取り入れていくようにしてみてください。

食物繊維が多く含まれている食品を摂取してお通じを規則正しくできるようにすることも大切なことだと思います。

加齢臭の原因と対策

加齢臭の原因となっている物質のひとつに「ノネナール」という物質があります。

不飽和アルデヒドという有機化合物の一種で、若い人たちからはあまり検出されない物質です。この物質が40代以上の人たちから検出される割合が多いため、加齢臭の原因であると特定されています。

加齢臭を引き起こしている行為として、皮脂中の過酸化資質を酸化させるという行為があります。対策をするためには脂質の酸化を防ぐこと、過酸化資質を減らすことが大切になってきます。

酸化を促す行為には活性酸素の存在があります。この活性酸素はお酒を飲みすぎたり、タバコをすったり、生活習慣の乱れから増加する傾向にあります。

できるところから改善をしていき、活性酸素を体内に増加させないようにすることが、酸化する量も減らし、結果的に加齢臭があまり起こらなくなるということに繋がってくるかもしれません。

活性酸素を消去してくれる物質というのは年齢を重ねるとともに体内から減少していきます。減少すると活性酸素は増え続ける一方なので加齢臭の対策にはなりません。

そのためにも抗酸化物質をサプリメントや食品などから積極的に取り入れるようにして、活性酸素を消去させていくようにし、加齢臭対策をしていくようにしていくことも大切です。

更に腸内環境を正常に整えるようにして、体の中からケアをしていくようにしていきましょう。


加齢臭と介護臭

40歳を過ぎたあたりから人間は体臭がだんだん強くなってきます。世間ではこの臭いが「おやじ臭」とか言われている臭いで、加齢臭となっています。

加齢臭というのは体から出されている臭いの他に、口臭、便の臭いなども含まれています。これは年齢を重ねていくと徐々に強く出されていくようになってきます。

何故年齢を重ねると臭いが強くなってくるかというと、年齢を重ねていくにつれて体の新陳代謝が悪くなっていきます。それとともに体の表面上に出てきている老廃物や過酸化脂質が酸化していき、表皮の最近が発酵していくことで「ノレナール」という臭いの原因となる物質が出てくるようになります。

ノレナールは男女とも分泌される物質ですが女性のほうが分泌量や発汗量が男性より少ないために女性より男性の方が臭いが目立ってしまうということになります。

これは生理現象ですので完全に対処することは不可能ですが、できる限り抑えたいと思うところです。

この臭いと介護に関する関係性ですが、介護を必要としている方が家にいる場合、その人の臭いが部屋についてしまったりして、部屋に入るとそれがストレスに感じてしまったりする場合があります。

気にしなければいいのですが、一度気になってしまうとかなりストレスになる場合がありますから、これが介護をより苦痛にしてしまうという風になってしまう可能性があります。

こうならないためにも、ちょっとした臭い対策みたいなものをしていくことがストレスを減少させる原因になるのではないかと思います。

加齢臭は男性だけに発生する?

世のお父さま方の中には、「加齢臭」という言葉に悩まされている人もいるのではないでしょうか。

たとえば通勤電車の中や信号待ちで隣の人がハンカチで鼻や口をふさいだり、「オヤジくさい」という言葉が聞こえたりすると、「自分の体臭のことかなぁ」と不安に感じてしまう人も多いと思います。

しかし、加齢臭は中年男性のみに発生するものではないようなのです。
中年女性や、若年層にも発生すると近年では言われるようになってきました。

たしかに加齢臭が発生する割合としては、女性より男性のほうが多いです。
それは、男性のほうが女性に比べて皮脂の分泌が盛んであることが理由のひとつとして挙げられます。

また、女性は体臭を含む自分のにおいに気を使い、におい対策(いろいろな対策商品がありますからね)を万全にしていたり、生理があるためホルモン分泌され、酸化に対して男性より強い力を持っているのも、加齢臭が男性のほうに多く発生する理由として挙げられます。

ただ女性でも、生理が終わる、つまり閉経後の場合は、ホルモンの状態が男性とそう変わりなくなるため、男性と同じように加齢臭が発生しやすくなると言えるのです。

「オヤジくさい」ことを意味すると捉えられていた「加齢臭」という言葉、どうも「オヤジ」だけのものではなかったようです。

世のお母さま方、安心してはいられませんね。

体臭の原因はいろいろありますが、食事などの生活習慣からくるにおいもありますので、若いうちから生活習慣を整えて、年をとったときに「くさい」という言葉におびえずに過ごせるようになりたいものですね。

加齢臭の原因は?

なんでもかんでも「無臭」を目指す傾向にある世の中になりました。

体臭対策スプレー、制汗剤など、さまざまな商品が市販され、体臭を抑えることがマナーとされているようにも感じます。

洗濯洗剤や柔軟剤のテレビコマーシャルでも、お父さんが通った後に漂うにおいに「加齢臭?」と反応するものまであります。

加齢臭とは、その字のとおり、年齢を重ねることによって発生する体臭のことを言います。
なぜ年齢を重ねると、特有のにおいが発生するのでしょうか。

それは、年をとると、血管中にコレステロールなどの老廃物が蓄積されるのと同時に皮脂腺にも脂肪が増えてくるためです。

特に40歳を過ぎるころから、皮脂中の脂肪がぐっと増えると言われています。
この脂肪が酸化したり分解されると、ノネナールという体臭成分が発生します。

このノネナールこそが、加齢臭と呼ばれる特有のにおいのもとなのです。

また40歳を過ぎると、活性酸素と戦う力(抵抗力)が弱くなり、脂肪の過酸化を防ぐ力も弱まってしまうことも、原因として挙げられます。

その他、年齢だけでなく、食生活の内容にも体臭は深くかかわっています。
肉類や乳製品などの動物性脂肪を摂取することにより体に蓄えられた脂肪は、その酸化により体臭を発生させやすいのです。

以前、日本人は魚、野菜、豆類を主に摂って和食中心の生活を送っていました。

しかし戦後、食の欧米化が進み、肉類を多く摂るようになったことも、体臭に悩む人が増えたことと関係があるようです。

加齢臭と食事

自分の体臭に悩んでいる人は意外と多いようです。

誰かに相談を持ちかけるほどではないにしても、なんとなく自分がにおっているかな、と感じたり、近くの人がハンカチで口をふさぐなどの行動が気になったり・・・

自分の体臭は大丈夫かな、と気になったら、一緒に暮らしている家族にそれとなく聞いてみるとよいかもしれません。

正直に答えてくれるのは、まず家族でしょうから。

「お父さん、くさいよ」と言われたら、それは加齢臭かもしれません。

加齢臭とは、その字のとおり加齢に伴って発生するにおいですが、「年をとったのだから、加齢臭はしかたない」とあきらめてしまうことはありません。

それは、体臭にはその人の食生活が深くかかわっているからです。

現在では、食の欧米化により、動物性脂肪を多く摂り、脂っこい料理を食べることが増えてきました。
肉類や乳製品の動物性脂肪は、体内で酸化して過酸化脂肪となり、体臭を発生させます。

また、脂っこい料理は、脂肪を酸化させる活性酸素の増加にも結びついています。
体臭を抑えるためには、動物性脂肪の摂取を減らし、活性酸素をできるだけ抑えることが必要です。

活性酸素を抑える「抗酸化作用」のある食べ物を積極的に摂ると同時に、基本的な毎日の食事を整えていかなくてはなりません。

毎日の食事は、昔の日本で食べられていたようなメニューが望ましいです。

脂肪は少なく、繊維をたっぷりと、植物性の食品を中心に、つまり体臭予防には和食がよいのです。

活性酸素は、体臭のほかにも体にいろいろな弊害をもたらしますので、家族皆で食生活を改善することで、家族の健康にもつながるでしょう。