口臭予防 体臭予防と体臭対策を考える

口臭予防にデントレックス

デントレックスは超強力な水をジェット噴射し、プロ顔負け口腔ケアをしてくれます。本格的に口臭予防を行いたい人におススメの商品です。徹底的に口の中の歯垢を落とすので、口臭予防には絶大な効果があるといえます。一分間に約30回の振動ジェット水流が歯ブラシでは落とせない歯垢を徹底的に落としてくれます。薬剤を使わないので安心ですし、経済的でもあります。

強力な水圧を誇るポンプが内蔵されていますが、運転音が小さく夜遅くにも使用できます。水圧も調整でき、自分にあった使用方法ができるのも人気が高い要因のひとつでしょう。ただ一つ難点をあげるとしたら、本体が19×8×21cmと歯ブラシのことを思えば大きく、電力も必要とするのが短所かなと思います。しかし、汚れを落としきるという面だけでみれば、とても優れており、隅々まできれいに磨きたいという人にピッタリの商品ではないかと思います。値段は14,490円と少し高いですが、セールや特別価格を表示しているところを探せば、10,000円前後で販売しているところもあります。歯医者に行き、本格的な掃除をしてもらうことを思えば、安い買い物かもしれませんね。

最初は使い方にコツがいるかもしれませんが、慣れてしまえば、歯ブラシより簡単!?という声もあります。日本人は他の国に比べてとても口臭に気を使う傾向があり、そんな日本人の欲求にみごと答えた口腔ケアグッズですね。デントレックスで隅々まで汚れを落としきり、爽やかな息でいましょう。

tag:デントレックス

トゥースプロフェッショナルで口臭予防

毎日歯磨きしているのに、なぜか歯垢や歯石が溜まってしまいますよね。口臭予防には欠かせない口腔内の掃除…。溜まった歯垢や歯石は口臭の原因にもなってしまいます。だけど、定期的な歯科検診に行くのは大変ですよね。
そこで、歯科に行かなくても自宅でプロ並みの口腔ケアが出来る商品が『トゥースプロフェッショナル』です!『トゥースプロフェッショナル』は歯磨き粉の代わりに1?2滴歯ブラシにつけていつものようにブラッシングするだけです。すると、お口の中に溜まった汚れが驚くほど出てくるのです。一週間ほど使い続けると黄ばんでいた歯もホワイトニングしたかのように真っ白になってしまいます。特に、タバコを吸う人にはおススメです!ヤニで黄色くなってしまった歯が驚くほど白くなるはずです。
メーカーさんは『不自然に白くなりすぎないよう使用回数を抑えてください』と言うほど効果があります。歯の汚れを取り、白くするだけではなく、殺菌作用もあります。普通、歯磨きをした後の歯ブラシは水洗いをして指定の場所に置く方がほとんどだと思います。しかし、口の中の雑菌をたくさんくっつけた歯ブラシは水洗いだけで落ちきるわけもなく、実は結構汚れているのです。

『トゥースプロフェッショナル』は歯ブラシの細菌にも効果があり、もちろん口腔内の細菌にも作用します。また、研磨剤をしようしていないので、歯や歯肉を傷つけることなく汚れだけを落とすので安心です。歯医者さんも推奨している商品なので試す価値はあるかと思います。値段は20mlで6090円ですが、ネット販売ですと、4000円近くまで値下げしているところもあるので、歯科でホワイトニングや掃除をしてもらうよりよっぽど経済的かと思います。

tag:トゥースプロフェッショナル

ピンククロスデンタルケア

テレビでタレントさんやモデルさんが使用していることで有名になった洗口剤です。洗口剤は様々なものが売られていますが、このピンククロスデンタルケアは、テレビだけではなく雑誌などでも取り上げられているので、とても人気の高い商品ひとつです。

使い方は5〜10mlを口に含み、約20〜30秒ほど口をゆすぎます。歯磨きの前に行えばより効果的とされており、効果は、口臭予防だけでなく、虫歯予防、歯垢の除去、舌苔の除去、保湿効果と嬉しいものばかりです。成分も厳選されたものを使用しており、今話題の中国産のものは一切使用していないそうです。

驚くのはうがいした後の液を吐き出すときです。目で見て分かるほどの汚れが出てくるので、初めてのときはびっくりするかもしれません。ピンククロスデンタルケアは口の中の汚れを凝集し、固まったものが褐色に変色するので、目で見て分かるようになるのです。
歯磨き前に行うと、全て汚れが取れてしまったような感覚になり、歯ブラシをしなくて良いような気になりますが、歯磨き+αの洗口剤なので、必ず歯磨きは行ってください。値段は3,000円前後ですが、販売元により安く売り出しているところがあるので、検索してみてくださいね。今や口腔ケアも、洗い→仕上げを行う時代です。口臭予防は大人のエチケットなので、少し値段は高いかもしれませんが、効き目があるものを選びたいですよね。一度試してみる価値はあると思います。

tag:ピンククロス

ソラデー3で口臭予防

ソラデー3という、口臭予防に効果があると注目が集まっている歯ブラシをご存じでしょうか?名前を見て分かるとおりソラデーは今3代目です。少しずつ改良を重ねて、今ソラデー3が注目を集めているのです。ソラデー3とは持ち手部分にソーラーパネルがついており、そこに光が当たるとマイナスの電子が発生します。発生したマイナスの電子は持ち手内部の半導体を通り、ブラシから口の中へと移動していきます。マイナスの電子が口の中に入ることによって歯垢を落としやすくする効果があり、ブラッシング効果を高めてくれるのです。

また、パワーの出どころが光なので、故障しない限りは半永久的に使用できるそうです。(ソーラーパネルのついた電卓と同じ作りと思ってください。)電動歯ブラシとは違い充電の必要もないのでいつもと変わらない歯磨きをすればいいだけなので、手軽です。また、持ち手部分とブラシ部分が分かれるため、持ち手部分を買い換える必要がなく、ブラシ部分だけ交換でき、歯磨き粉も必要ないので経済的でもあります。

値段はブラシ部分、持ち手部分セットで約1200円前後です。一度持ち手部分を購入すれば、後はブラシ部分だけを追加購入するようになります。ブラシ部分4本セットで、約600円前後です。購入元によって値段が変わりますが、思ったほど高額ではないので、消費者としては嬉しいですね。色も4種類あり、自分の好きな色が選べます。

tag:ソラデー3

ビューティーローズで口臭予防

叶姉妹や山本モナさんが使っているとテレビ番組で放送され、大ヒットした商品がビューティーローズです。1cm程の粒状のサプリを1〜3粒飲み使用するものです。成分は2,600本のバラからたった1ccしか抽出されないローズオイルを使用しており、使用されるバラも厳選したものだそうです。そのためとても貴重で一説によると金よりも値打ちが高いとか!?値段も普通の口臭予防サプリメントより高額です。しかし、美を追求する芸能人が使用するだけあって効果は絶大のようです。
口臭には30分から1時間程度で効きはじめ、体臭では約1〜2ヶ月程から感じはじめるそうですが、早い人では約一週間で効果を感じるそうです。口臭・体臭のほかにも、ビタミンA、ビタミンEを配合しているのでシミやシワの改善、美白など美容効果も期待できるそうです。他にも、便秘の改善にも効果が期待できるそうなので、女性には一石三鳥!といったサプリですね。また、使用されるバラが無農薬、有機栽培なため安心して使用できるのも良いところです。
ただ、授乳中、妊娠中は控えたほうがよいそうですので注意してください。お値段は50粒入ったもので定価6,090円です。ネットなどで検索すると初回限定やセール、複数個購入で送料無料などの特典がついている場合があるのでチェックしてみてください。自分の体からバラの香りがするなんて、まるでお姫様になった気分ですよね。値段は少し高めですが、試してみる価値はあると思います。


tag:ビューティーローズ

水分補給で口臭予防

水分補給は、口臭予防に欠かせないものです。口臭の原因の一つに口腔内の乾燥があります。唾液の分泌量が減ってしまうと口腔内が乾燥してしまい、細菌が繁殖しやすい環境になってしまうのです。そこで、減ってしまった唾液の量を増やすためにも水分補給が必要なのです。
水分補給することは喉を潤すだけでなく口腔内にも潤いを与えてくれます。また、胃の中に水分を補給することで胃からあがってくる口臭にも効果を発揮してくれます。特に空腹時は膵臓から十二指腸へ分泌される膵液という消化液と胃液が混ざることでガスが発生します。このガスが口臭の原因となってしまうのですが、水分補給し胃の中に潤いを足すことで臭いの元を薄めてくれる効果があります。

口臭予防に効果的な水分補給の方法は朝、歯ブラシをした後にコップ一杯の水を飲むことです。水分補給することで唾液の分泌が促進され朝食もしっかり取ることができ、朝食を摂取することで唾液分泌の促進にも繋がります。また、飲み物の種類ですが、糖分が入ったジュースや炭酸飲料は避けましょう。虫歯の原因にもなりかえって口臭の原因にもなりかねないです。一番良いのは水ですが、なければお茶でもいいです。
水は体内への浸透率が高いので効果が高いといわれています。また、お茶はお茶自体に消臭作用があるのでやはり効果が期待できます。その他にコーヒーを飲む方が多いのですが、コーヒーは口の中を酸性にしてしまい口臭の原因をつくってしまうかもしれないので、水分補給としては適切な飲料とは言えないでしょう。

tag:水分補給

昆布で口臭予防

昆布に口臭を予防する効果があることは意外に知られていませんが、実は昆布はとても優秀な口臭予防食材なのです。昆布に含まれるあらゆる成分が口臭を予防し爽やかな息にしてくれるのです。昆布の効果を生かす方法として次のような使い方があるので紹介します。

まず、だし昆布を1cm×2cmの長方形にカットします。そして、カットしたものを口の中に含みます。そのまま噛まずに昆布が自然に溶けてなくなるまで口の中で転がしてください。体は異物が入ったと感知して唾液を分泌し、口の中を潤してくれます。時々水やお茶を含むとより効果的です。昆布のねばりは保湿剤と同じ効果を発揮してくれるので、口の中だけでなく喉も潤います。完全に溶けてなくなるまでは約30分かかるので、それまで噛まずに含んだままにしておけばより効果的です。また、昆布の匂いは正常な人間の唾液の匂いに近いため、口の中にいれているからといって昆布臭いという心配はありません。正常な匂いに近づけてくれるのでほぼ無臭に近いでしょう。

昆布を使った口臭予防で良いところは、何と言っても手軽で経済的な所でしょう。お家にある昆布を切って保存し持ち歩けばいつでもどこでも口臭予防が出来ちゃいます。昆布の知られざるパワーでいつでも爽やかな息を目指しましょう!
※昆布にはヨードという成分が含まれており、これは新陳代謝を促進させます。一般には口臭予防に一役かってくれる成分ですが、甲状腺機能障害の人には悪い影響が出てしまうので注意してください。

tag:昆布 口臭予防

糸ようじで口臭予防

欧米では毎日の歯磨きの後にデンタルフロスを行うことが習慣となっているそうですが、日本では、糸ようじ(デンタルフロス)を知っている人はたくさんいても、毎日使用しているという人は意外に少ないようです。デンタルフロスは歯ブラシではなかなか届かない歯間の汚れを取る道具でとても優秀な口腔ケアグッズのひとつです。

歯磨きだけで全ての歯垢を落とそうとするのは至難の業です。現に丁寧に歯磨きをしても全体の半分ほどしか歯垢が取れていないそうです。そこで、デンタルフロスを使えば、ほとんどの歯垢を落とすことが出来るそうです。デンタルフロスには大きく分けて2種類のタイプに分けられます。糸を手に巻きつけて使用するタイプのものと、ホルダータイプのものです。手に巻きつけるタイプのものは糸を適度な長さに切り、左右の人差し指に巻きつけて約4〜5センチの長さになるようにします。磨きたい歯間部分にゆっくりと糸を入れ、左右に動かすようにして汚れを落としていきます。ホルダータイプのものも使いかたは一緒ですが、巻きつける手間がないのでとても簡単ですが、その分手巻きタイプより少し割高になります。
また、手巻きタイプには糸にワックスが付いたものとそうでないものがあります。ワックスのついているものは滑りやすいのではじめて使う方や、お子様におススメといえます。どちらも正しく使えば効果に大差はないので自分に合ったほうを選びましょう。
デンタルフロスは力を入れすぎたり無理に歯間にねじ込んだりすると歯肉を傷つけてしまう恐れがあるので、ゆっくりやさしく行うようにしてください。歯磨きと合わせてお使いいただくことで口腔内の清潔を保てるでしょう。いつでも爽やかな息でいたいあなたにピッタリの商品といえます。

tag:デンタルフロス

水分補給で口臭予防

水分補給は、口臭予防に欠かせません。口臭の原因の一つに口腔内の乾燥があります。唾液の分泌量が減ってしまうと口腔内が乾燥してしまい、細菌が繁殖しやすい環境になってしまうのです。そこで、減ってしまった唾液の量を増やすためにも水分補給が必要なのです。水分補給することは喉を潤すだけでなく口腔内にも潤いを与えてくれます。また、胃の中に水分を補給することで胃からあがってくる口臭にも効果を発揮してくれます。特に空腹時は膵臓から十二指腸へ分泌される膵液という消化液と胃液が混ざることでガスが発生します。このガスが口臭の原因となってしまうのですが、水分補給し胃の中に潤いを足すことで臭いの元を薄めてくれる効果があります。

口臭予防に効果的な水分補給の方法は朝、歯ブラシをした後にコップ一杯の水を飲むことです。水分補給することで唾液の分泌が促進され朝食もしっかり取ることができ、朝食を摂取することで唾液分泌の促進にも繋がります。また、飲み物の種類ですが、糖分が入ったジュースや炭酸飲料は避けましょう。虫歯の原因にもなりかえって口臭の原因にもなりかねないです。一番良いのは水ですが、なければお茶でもいいです。
水は体内への浸透率が高いので効果が高いといわれています。また、お茶はお茶自体に消臭作用があるのでやはり効果が期待できます。その他にコーヒーを飲む方が多いのですが、コーヒーは口の中を酸性にしてしまい口臭の原因をつくってしまうかもしれないので、水分補給としては適切な飲料とは言えないでしょう。

tag:口臭予防 水分

保湿剤で口臭予防

口の中に潤いを保つため保湿剤を使用する人が増えています。口の中の乾燥は口臭の大きな原因になってしまいます。保湿剤とは化粧品のようなものでよく使われるのがジェルタイプのものです。ジェリー状のものを口の中に塗って使用します。味はキシリトールが配合されているものが多いため少し甘味を感じると思います。化粧品と同じ扱いなので歯科や薬局などで処方箋なしでお買い求めいただけるので手軽に試していただけると思います。

使用感は、人によって口の中がベトベトして気持ち悪いと否定的な人もいらっしゃいますが、ほとんどの方が口の乾燥が軽減した、舌のピリピリ感がなくなったなど肯定的な感想が多いようです。大体3〜5回口の中に塗って使用します。商品によっては使用方法が違うので説明書をよく読み使ってください。また、少し甘いものが多いので、味により唾液の分泌量が増えたという人いるようです。

ジェルタイプのものに抵抗があれば、マウスウォッシュタイプのものもあるので購入の際に相談してみるのもおススメです。マウスウォッシュタイプのものは少し保湿力が劣るものの、口の中を洗浄し爽やかにしてくれると思います。自分の生活条件や好みに合ったものを選びましょう。どちらも口の中を潤し口臭を軽減してくれるので気になる方は一度試してみることをおススメします!ただ、どちらも口の中の汚れを落とすものではないので、基本的な歯ブラシや歯間ブラシなど口腔ケアと合わせてお使いくださいね。いつでも爽やかな息で素敵な大人を目指しましょう!

tag:

口臭予防と唾液

口臭予防に欠かせないのが唾液です。唾液が減ってしまい口の中が乾燥してしまうと、細菌が繁殖しやすい環境になってしまうのです。では、唾液の分泌量が減ってしまうのはどのようなときなのでしょう。唾液は普通の生活を送っていればまず極端に減ることはありません。3度の食事の際に大量に分泌され、食べ物から発生する細菌の増殖を防ぐ働きをします。一日の流れの中で唾液は必要に応じて増えたり減ったりしているのです。その中でも唾液が極端に減ってしまう時間帯が睡眠時です。そのために朝起きたときに口臭が一番強くなる時間帯のひとつなのです。

朝起きたらまず、口うがいをし、歯磨きをしましょう。また、ストレスを抱えているときや体調不良のときなどにも唾液の量は減ってしまいます。こんなときには、舌を上下左右に動かしたり、頬骨のした辺りをマッサージしたり、キシリトールのガムを噛むことをおススメします。舌を動かすことで唾液の分泌腺を刺激できます。マッサージも同様の効果があります。また、ガムを噛むことは食事のときに唾液量が増えることと同じ作用があるので、口臭を抑えられるでしょう。そして唾液が分泌してきたらそれをすぐ飲み込んでしまうのではなく、しばらく口の中に溜めておきましょう。しかし、これも一時的な効果なので、自分なりのストレス解消法や体調管理を日頃から決めておくことをおススメします。

このほかにも口の中を乾燥させてしまう要因に口呼吸があります。口呼吸することでたえず空気が口の中を流れ乾燥させてしまうのです。また鼻呼吸より口呼吸のほうが水分を吸収しにくいといわれています。日頃から気にすることで口呼吸は改善することができるので、気をつけるようにしましょう。

tag:口臭予防 唾液

口臭予防に漢方薬の効果

口臭予防に効果を発揮する漢方薬があります。代表的なものとしては、益母草(やくもそう)、甘草(かんそう)、陳皮(ちんぴ)、山査子(さんざし)などがあります。これらの漢方薬は、口の乾燥やのどの渇きを防いでくれ、体調管理にも効果があるとされます。
中国では古くから口臭予防に漢方を利用していたそうです。

口腔内の乾燥は口臭の原因の大きな要因のひとつです。漢方はそんな口腔内の乾燥を体の中から治してくれるので、とても心強いですね。また、漢方は妊娠中や授乳中にも使用することができるので、体調を崩しやすく口臭が気になる女性のかたにもおススメといえます。(妊娠中、授乳中の方が使用する際はかかりつけ医にご相談ください。)

また、漢方には飲むタイプのものだけでなく、マウスウォッシュのタイプのものもあります。
市販のものは効果が強すぎるものもあり、口腔内の善玉菌まで殺してしまうことがあり、かえって口臭に繋がるケースがあります。漢方を使ったマウスウォッシュなら、そんな心配もなく、細菌だけに作用してくれるので安心して使えますね。また、口臭だけでなく歯肉を強くしてくれる効果もあるので歯周病予防などにも期待できます。

ただ、漢方は汚れを落とすものではないので正しい歯磨きとあわせてお使いいただくことをおススメします。体の中からキレイにしてくれ、しかも安全な漢方。気になる方はお近くの専門医に相談し、自分に合ったものを選んでもらいましょう。

tag:口臭 漢方

歯磨きで口臭予防

口腔内の清潔を保つことが口臭予防で一番効果的です。正しい歯磨きをすることで、約80%の口臭原因を防ぐことができると言われています。毎日歯磨きをしている人がほとんどでしょうが、一回の歯磨きの時間をみなさんはどのぐらい取っていますか?専門科医が勧める歯ブラシをする時間は約15分ぐらいです。ですが、ほとんどの人が5分も経たずに終えてしまうのではないでしょうか?ある統計では一番多い歯磨きの時間が3分前後ということでした。

歯ブラシを15分もするなんて長すぎる!!歯や歯茎を傷めてしまいそう。と思われる方もいらっしゃるでしょうが、正しい歯磨きをするには必要な時間なのです。正しいブラッシングのやり方は、ガシガシと一気に歯を磨くのではなく、1本に1本丁寧にやさしく磨きます。

特に、奥歯の凸凹とした表面や、歯と歯の間、歯茎が覆いかぶさっている部分などは歯垢が溜まりやすく、ほっておくと口臭の原因となるだけでなく、虫歯の原因にもなります。磨く順番は特にありませんが、磨きにくい場所から順に行えば磨き残しが少ないとされています。歯の表面ばかりを磨く人が多いですが、歯の表面は何もしなくても、歯垢がつきにくい場所で、ついたとしても唾液や飲み物を飲むときに洗い流せる場所なので軽くなぞる程度で十分です。

自分なりの磨きやすい順番を決め、毎日同じやり方をすることで磨き忘れを防ぐことができるので自分に合ったやり方を探しましょう。初めは鏡を見ながらのブラッシングをおススメします。目で確認することで、より丁寧な歯磨きが出来るでしょう。

tag:歯磨き 口臭予防

口臭予防は正しい食生活から

口臭予防の方法として口腔ケアを行う人が多いと思いますが、食生活を正すことでも口臭予防することも出来ます。規則正しい食生活を送ることで口臭を予防し、爽やかな息でいましょう。なぜ食生活を正すことで口臭が予防できるのでしょうか?不規則な食生活ですと、唾液の分泌量が減ってしまい、口の中が乾燥してしまいます。口の中が乾燥してしまうと、細菌が繁殖する絶好の環境になってしまうのです。

1日3回規則正しく食事すると、食事毎に唾液が分泌され細菌の繁殖を防ぐことが出来ます。また、不規則な食生活で栄養不足になると胃を傷めることになったり、体調を崩してしまい、これも口臭の原因となってしまいます。

口臭を予防する正しい食生活とはどんなものなのでしょう?まず、食事のバランスを考えます。野菜を中心としたバランスの良い食事を摂取することで健康を維持することができ、体内から発生する口臭を防ぐことが出来ます。また、よく噛んで食べることも重要です。よく噛むことで唾液の分泌量が増え細菌の増殖を防ぐことが出来る上に、ダイエットにも効果的です。近年洋食化傾向にあり、魚から肉へ転向していますが、日本人は本来肉類を消化する力が弱いとされます。

洋食から和食に切り替えるだけでも、体内の調子を整えますので、口臭予防に効果があるでしょう。食事を見直すことはなかなか難しいかもしれませんが、これをきっかけに少しずつ見直し息も体内も綺麗な人を目指しましょう!

tag:口臭予防 食生活

マウスウォッシュで口臭予防

マウスウォッシュとは薬液を口の中に含み20〜30秒ほどグシュグシュとうがいして使用するものです。効果は歯磨きでは届きにくい場所の汚れを洗い流してくれ、口腔内の殺菌、消臭効果、舌の洗浄などです。最近は口臭に気を使う人が増えてきて様々な種類のものが販売されていますね。使用した後はお口のなかとてもさっぱりして気持ちがいいです。
口臭の原因となる汚れを洗い流してくれ、菌の繁殖を防ぎ、殺す作用もあるので口臭予防には最適です。歯磨きと合わせて使用すれば、磨きこぼしのサポートをしてくれるので、口の中をより清潔に保つことが出来ます。

おススメは、昼食後、間食後、人と会う前などにおススメです。食後は歯磨きを必ずしたほうがいいと思われる方が多くいらっしゃると思いますが、あまり歯磨きをしすぎてしまうと、唾液まで洗い流して口の中の乾燥を招いてしまい、かえって口臭の原因になってしまったりします。正しい歯磨きをしていれば、朝晩の2回で十分なので、その他で口の中が不快なとき、食事をしたときなどはマウスウォッシュで十分でしょう。ただ、マウスウォッシュもやりすぎてしまうと、唾液を洗い流してしまい乾燥を招くので程々に行いましょう。

口の中がさっぱりすれば、気分もとてもいいですね。口臭予防に努めると同時に気分爽快にもしてくれるマウスウォッシュはとてもおススメです。口臭が原因で、仕事に支障が出るなど、人を不快な思いにさせてしまうことがあるので、いつでも気をつけて爽やかな息でいたいものです。

tag:マウスウォッシュ 口臭予防

タブレットで口臭予防

タブレットは、手軽にできる口臭予防の商品といえますね。タブレットは様々なタイプがあり、使用する人の生活条件にあったものを選べてとてもおススメです。噛んで口腔内とお腹の中をキレイにしてくれるタイプや、飴のように口の中で舐めて口腔内、舌の洗浄をしてくれるタイプなど様々です。口臭が発生する口腔内、舌、胃に作用するので色々なタイプの口臭に効果があるといえます。

タブレットの成分でよく目にするものは、緑茶に含まれるカテキンやフラボノイド、ミントやハーブなどですね。どれも消臭に効果のある成分です。また消臭に効果がある成分以外にも、虫歯の予防に効果があるキシリトールが配合されているものもあり、一度にたくさんの効果が期待できて使う側には嬉しいことです。

タブレットは手軽に持ち歩けますし、味も種類が多くおいしいものが多いので嬉しいですね。効果も即効性があり、今すぐ口臭をどうにかしたい!というときの強い味方になってくれるでしょう。人と会う前に利用すれば安心ですね。ただ、即効性の消臭効果がありますが、長時間持続して効果があるわけではないので、あくまでも簡単な消臭グッズと思ってください。

根本的な口臭予防には歯磨きなどの口腔内の掃除が一番効果的なので、基本的な歯磨きや歯間ブラシといった口臭予防とあわせてお使いすることをおススメします。口臭予防は大人の大事なエチケットです。たかが口臭と侮らないで手軽に使える口臭予防グッズを上手に取り入れながらいつも爽やかな息でいる努力をしましょう。

tag:タブレット 口臭予防

マウススプレーで口臭予防

最近は様々な口臭予防のグッズが販売されていますね。その中でも人気があるのがマウススプレーです。マウススプレーは口の中に吹きかけ粘膜から直接成分を吸収させ消臭、殺菌を行うものです。マウススプレーは、なんといっても手軽!コンパクトなのでどこでも携帯できて、口の中にシュッシュと吹きかけるだけなので時間もかからず簡単に口臭予防ができます。

味も様々なものがあり、それも人気の秘密のひとつでしょう。値段もお手頃価格のものが多く、コンビニなどで手に入りやすいので、ついつい買ってしまったという人も多いはずです。最近は口臭予防+αでダイエットに効果があるものや、歯周病予防に効果があるものもあるので自分に合ったものを選んでくださいね。

主に効果があるのがにんにくなど臭いのキツイ料理ですが、他にもタバコ臭いときなどにもおススメです。これから人に会うのに口臭が気になるな…と言うときに最適ですね。口臭は自分ではなかなか気づかないものなので、いつも携帯しておけば安心です。最近は見た目にも可愛いものがあるので自分の好みのものを選ぶ楽しみもあっていいですね。

ただ、マウススプレーは一時的な効果しかないので、あまり頼りすぎず、基本的な歯磨きをしっかり行いましょう。口臭は他人を不快にさせてしまい、仕事や恋人同士に亀裂を入れてしまうかもしれません。いつでも爽やかな息で仕事も恋もスムーズに進めましょう♪

お茶を飲んで口臭予防

お茶の成分にはカテキンとフラボノイドというものがあります。カテキンは殺菌作用があるとされ、よく耳にしますね。お茶には強力な消臭効果があるのはとても有名ですね。フラボノイドもガムなどに使用され、まさに消臭に効果のある2大成分がお茶には含まれているのです。そのため部屋やトイレや車などの消臭剤にも使用されるほどです。

お茶にはフッ素も含まれているので虫歯の予防にも最適です。虫歯は口臭の原因となる歯垢や細菌が繁殖してできたものなので、虫歯を予防することは口臭を予防することにも繋がるのです。

口臭予防に最適な飲み方は、食後、特に臭いのキツイ食材、にんにくや肉料理を食べた後にできるだけ早くお茶を、特に緑茶を飲んだり、口をゆすいだり、うがいをすることをおススメします。お茶を飲むことで口腔内のだけでなく、胃の中の消臭をしてくれ口臭を予防してくれます。お茶の殺菌効果で虫歯の予防にもなります。

口臭予防だけでなく、お茶には癌を抑える効果や、風邪のウイルスを殺菌する作用があり、まさに万能の飲み物なのです。お茶の産地である静岡県の人は長寿であることと、風邪を引きにくいことがいわれています。もちろん、虫歯が少ない県でもあり、お茶の大きな効果が伺えます。口臭予防のためだけに飲むのではなく健康のためにも意識して飲むのもいいですね。お茶を飲んで体も息も爽やかでいましょう。

tag:お茶 口臭予防

梅干で口臭予防

唾液は、実は口臭予防に欠かせないものなのです。梅干を見るだけで口の中にジワっと唾液が出てきますね。なぜ梅干を見たり食べたりすると唾液が出てくるのでしょう?人間は、すっぱいものを見たり食べたりすると脳が信号を送り反射的に唾液が出てくるのです。唾液が大量に出ることで口の中を乾燥から防ぎ、細菌の繁殖を抑える効果があるのです。細菌は口臭の大きな原因なので口臭予防に繋がるというわけです。

梅干自体にも口臭を予防する効果があります。梅干に含まれるクエン酸は口腔内の細菌の繁殖を抑える効果や、口腔内に残ったタンパク質を分解する働きがあるのです。このほかにも熱や胃の働きの低下からくる口臭にも効果があります。人間は熱が出ると口腔内が乾燥しやすく、細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。そんなとき梅干を食べると唾液の分泌を促進するほか解熱作用もあるので一石二鳥というわけです。

まさにおばあちゃんの知恵!といった感じですね。夏バテに梅干料理!とよく言われますが、夏場は胃が弱ってしまうことが多く、それが口臭にも繋がってしまうのです。梅干を食べることにより胃液の分泌量を増やし、元気な胃を取り戻して口臭予防につとめましょう。

口臭予防にも健康にも効果を発揮してくれる梅干は昔から日本にある万能薬なのです。ただ、塩分が高いので塩分管理をしなければいけないかたや、食べすぎには注意が必要です。細菌は塩分控えめな梅干もあるので気になる方は低塩分のものを探してくださいね。手軽にできる梅干で口臭予防!是非、一度試してみてくださいね!

tag:口臭予防 梅干

牛乳を飲んで口臭予防

悪酔いを防ぐために、お酒を飲む前に牛乳を飲むという方が結構いらっしゃいますが、口臭を予防する効果もあります。料理でも、肉など漬け込んで生臭さを消すという使い方が、昔からあるぐらいです。

牛乳が消臭効果を発揮する食材はどんなものでしょう。まず、肉料理ですね。料理でも生臭さを消すために使用するのでその効果は一般的に効果があると認められたものなのです。魚料理やにんにく、ニラなどの臭いのキツイ食材にも効果を発揮します。

牛乳に含まれるたんぱく質が臭いの成分でもあるアシリンを包み込み、臭いの放出を防いでくれるからなのです。また、牛乳で口臭予防をしたいなら飲むタイミングも大事です。一番良いのは臭いのキツイ食材を食べる直前や食事中に飲むのが一番効果的に発揮されます。

牛乳が胃の中に膜を作り臭いが吸収されるのを防ぐためです。しかし、外食など直前に飲むのが難しい場合は、家を出る直前に飲むか食事が終わって一時間以内に飲んでも効果があります。ただ、お酒の場合は悪酔いを軽減する作用はありますが、臭いの消臭効果は期待できないので注意してください。

これはあくまでも一時的な予防で、牛乳にも臭いの元となる成分が含まれているので出来るだけ早く歯磨きや歯間ブラシなどで口腔内の掃除を行ってください。手軽に出来る口臭予防なので一度試してみてくださいね!いつでも息に気を使うことが出来る素敵な大人でいたいものです。

tag:口臭予防 牛乳

ブレスケアで口臭予防

ニンニク料理やアルコールなど、臭いのキツイものを食べたり飲んだりして口臭が気になるものの、歯磨きが出来る環境ではない…。そんな時に強い味方になってくれるのが小林製薬のブレスケアですね。

一度は使ったことがあると言う人が多くいらっしゃると思いますが、ブレスケアは息を爽やかにしてくれ口腔内だけでなく胃の中の臭いまで効果があるとされています。歯磨きとは違い、体の中から臭いの元に作用してくれるので、口臭が気になる方にはとてもありがたい商品だと思います。

噛むタイプのものや、薬のように飲むタイプ、口の中で溶かすフィルムタイプなど種類が豊富で、味もレモンやピーチ、ライムにミントなどなどたくさんの種類があるので自分に合うものを選べるというのも使用する側にとっては嬉しいことですね。

値段も500円前後と手軽なものが多く、これも人気の要因の一つになっているのでしょう。ただ、どんなに優秀なブレスケアでも口腔内の汚れを落としてくれるわけではありません。ブレスケアはあくまでも臭い自体に短期間作用するものなので、出来るだけ早い段階で歯磨きや歯間ブラシといったもので汚れを落とすことをおススメします。

口臭予防は大人のエチケットです。特に臭いのキツイものも口にした場合はブレスケアで手軽に口臭予防し、どんな時でも爽やかな息でいたいですね。ご使用の際は商品裏に記載されている使用方法をきちんと読み正しく利用してください。

tag:ブレスケア

歯間ブラシで口臭予防

口臭予防で一番大切なのは口腔内の清潔を保つことですが、歯ブラシだけで複雑な形をしている歯の隅々まで汚れを落としきるのはなかなか難しいですね。そこで、最近使用する人が増えているのが歯間ブラシです。

溜まった歯垢は虫歯や口臭の原因になってしまいます。そんな歯間の汚れを落とすのに最適なのが歯間ブラシなのです。

歯間ブラシとはねじった針金にナイロンの毛をつけたもので、名前の如く歯と歯の間を掃除するグッズです。歯と歯の間は食べかすや歯垢(しこう)が溜まりやすい上に歯ブラシではなかなか磨くのが難しい場所です。

一見硬そうでギザギザしたブラシで歯と歯の間を磨くと傷がついてしまうのでは…?と思われる方もいると思いますが、自分に合ったもので正しく磨けばむやみに口の中を傷つけることはありません。心配な方は歯科で相談してみると良いでしょう。

歯科でも歯間ブラシを販売しているところが多いので自分に合ったものを専門科医に選んでもらい使い方も教えてもらえば不安も解消できるでしょう。歯間ブラシは歯間が狭い人用、広い人用、奥歯用など様々な種類があるので、自分に合ったものを選ぶのがポイントです。

そして使用の際は無理に歯間にねじ込まず、やさしく丁寧に磨いてください。無理にすると傷つけてしまう恐れがあるので気をつけてください。歯間ブラシも歯ブラシ同様ブラシ部分が傷んだりワイヤーが曲がってしまったら交換しましょう。いつでも口腔内を清潔に保ち、爽やかな息でいたいものですね!

tag:歯間ブラシ

スケーリングによる口臭予防

スケーリングとは、歯石を『スケーラー』と呼ばれる器具で取り除くことをいいます。手用スケーラーが一般的ですが、他にも超音波スケーラー、エアスケーラーなどもあります。

口臭の原因になる歯周病はプラーク(歯垢)が大きな原因とされています。プラークは歯石がついた歯に溜まりやすい上に、歯磨きをしても歯石が邪魔をしてプラークが落ちにくくなってしまいます。歯石がついていると歯の表面がザラザラしてしまい、プラークがつきやすく落ちにくいのです。

歯石は歯磨きで取り除くことが出来ない上、スケーリングしてもしばらくするとまた溜まります。そのため歯科で定期的に取り除いてもらう必要があります。歯石を取り、歯周病を予防することが口臭予防につながるのです。

スケーリングの値段は保険適用されれば約800円〜1000円程度とお手頃です。(全ての歯)人によりますが、歯の治療独特の痛みもないため気軽に行える口臭予防だと思います。
※保険適用外の場合は約3000円〜10000円前後するので、気をつけましょう。

スケーリングを行う間隔ですが、一般的には3ヶ月〜6ヶ月ぐらいの期間に一度すれば十分でしょう。ただ、口腔内の状態が悪ければ短い期間でする必要があるので、かかりつけの歯医者と相談することをおススメします。

定期的に歯科で口腔内をチェックしてもらえば、虫歯の早期発見にもつながります。口腔内の清潔を保つことは口臭予防につながるので、定期的に通うようにしましょう。

tag:歯石 スケーラー

一般的な口臭予防の方法

口臭は予防が大切です。みなさんも自分の口臭を気にされたことが一度でもあると思います。

口臭を予防する一般的な方法をご紹介しますので、参考にしてください。

●虫歯・歯周病の治療
●舌の掃除《舌苔(舌の表面についている白い苔のようなもの)掃除します。※舌苔のまったくないピンクの舌は唾液分泌が減ってしまいかえって口臭の原因になるので取りすぎないでください。》
●十分な唾液の量《唾液は臭いの元となる菌の繁殖を抑え、歯周病などの予防にも効果的です。》
●身体の病気の治療《特に胃の病気は口臭につながりやすいと言われています》
●ストレスを溜めない《ストレスや疲れは唾液の量を減らしてしまうことがあります》
●定期的な口臭の確認を行い早期発見に努める《自分では分からないので第三者に確認してもらってください》

口腔内の清潔を保ち、心身の健康を維持することがあたりまえですが、口臭は予防できます。この他にも、歯石を除去したり、キシリトールのガムをかんで唾液の量を増やしたり、自分に合ったはぶらしで正しい歯磨きをするのも効果が期待できるでしょう。

口臭予防は大人のエチケットですが、あまりに過剰に気にしすぎてしまうと、臭ってもいないのに自分は口臭がきついと思ってしまう口臭恐怖症に陥ってしまうので神経質になりすぎるのもかえってよくありません。

普段の生活の中で無理なく出来る範囲で口臭予防に努め、いつでも爽やかな息の素敵な大人を目指しましょう。

tag:口臭予防

口臭の原因の特定

口臭は自分ではなかなか気づくことができません。人間の臭覚は同じ臭いをずっと嗅いでいると慣れてしまい、その臭いが異臭だとしても気づけないのです。

第三者に指摘してもらおうにも、家族はともかく、他人の口臭を指摘することはよっぽど親しい関係でなければなかなか難しいでしょう。そのため、気づかないうちに周りの人に不快な思いをさせていたり、自分の息は大丈夫だろうか…?と悩んだりしてしまうのです。

一過性の酒やたばこ、にんにく料理など口にしたときの臭いは原因がわかっており、時間がたてば解決しますが、慢性化している口臭は正しい治療が必要です。

みなさんの息は大丈夫ですか?慢性化してしまう前に口臭を予防することが大切です。

口臭の約80%が正しい歯磨きと虫歯の治療、舌を清潔に保つことで予防できると言われています。残りの20%は身体の病気からくるものや、ストレスなど精神の疲れからくると言われているので、心身の自己管理が口臭予防につながります。

日本人は他国よりも口臭に関心があるといわれており、エチケットとして口臭予防に努める人が大勢いらっしゃいます。その証拠にドラッグストアなどには口臭予防に効果があるとうたった商品が数多く並んでいます。

自分の生活リズムに合った洗口剤を選び使用するのも口臭予防に効果的でしょう。口臭は対人関係を悪化させる要因になりかねないので、日頃から口腔内の清潔、心身の自己管理をし、口臭予防に努めたいものです。

tag:口臭の原因

口臭予防と舌の関係

口臭の原因に大きく関係するものの一つが舌です。では、どのような舌が口臭の原因になるのでしょうか。

正常な舌は薄っすらと白い舌苔(ぜったい)がついており、舌乳頭(舌の表面にある赤いブツブツ)も、みずみずしくハリがあります。

最近は舌を掃除する道具がたくさん出てきており、舌苔がついていない綺麗なピンク色が良いと思われる方が多くいらっしゃいますが、舌苔を取りすぎると帰って口臭の原因となってしまいます。

では、口臭に繋がる舌とはどのような舌なのでしょう。

黄色い舌苔がついた状態
タバコを吸う人、軽度の歯周病、虫歯、体調不良などにより黄色い舌苔がつきます。
あまり酷くなければ口臭に繋がることはありませんが、重度になると口臭に繋がる場合があるので注意が必要です。

舌苔がまったくないピンク色の状態
綺麗な舌で口臭に繋がらないと思われがちですが、この舌は異常です。
舌が熱を持ち、酸味感のある口臭につながります。


舌全体が真っ白で分厚い舌苔がついている状態
舌全体にびっしりと白い舌苔がついており、舌乳頭も確認できない状態です。
この舌は口臭に繋がる危険性が高いです。

このような異常のある舌は体の不調からくることが多く、舌の掃除をしなかったからといって起こるものではありません。(基本的な口腔内の掃除は必要です)

過剰に舌苔を取らずに体の不調をまず治すことが口臭予防に繋がります。
正常な舌を保ち、爽やかな息でいたいものですね。

tag:舌 健康

口臭予防のための歯ブラシの選び方

口臭を予防するには、あたりまえですが口の中を清潔に保つことが一番大切です。

口臭の原因のひとつである歯垢を落とすには自分にあった歯ブラシで歯磨きすることがとても効果的です。
みなさんは自分に合った歯ブラシをお使いでしょうか?

歯ブラシは数多くの種類があり、どれも心惹かれる宣伝文句をうたっていて迷ってしまいますよね。しかし、基本的にはヘッドの小さいものを選ぶのが良いでしょう。(ヘッド=毛が植わっている部分)ヘッドの大きなもののほうが一気に洗えてよく磨けるような気がしますが、小さなもののほうが奥歯の奥まで磨け、細かい所までブラシが届きます。

ただし、小さなお子様が自分で磨く際にうまくヘッドを歯に当てられない場合は少し大きめのほうがいいでしょう。

親御さんが仕上げ磨きをする際には小さめのものが良いので、二つ用意しておくことをおすすめします。

毛の硬さの選び方は、歯科医院で特に何も言われなければ『ふつう』がいいでしょう。『かため』のものを使うと、歯や歯茎を傷つけてしまうことがあり、『やわらかめ』を使うと歯垢がしっかり落ちないことがあります。

歯ブラシは何度も持ち替えるので力のコントロールがしやすいものがおすすめです。持ち手の部分の形は、シンプルでまっすぐなデザインのものが良いでしょう。

毛の広がったものを使うと余分な力が加わってしまい歯や歯茎を傷つけてしまう恐れがあるので気をつけましょう。歯ブラシの使用期間ですが、約1ヶ月に一回は取り換えましょう。縦から見たときにヘッドから毛がはみ出していれば換え時です。

自分に合った歯ブラシを使い、口臭予防に努めましょう。

tag:音波歯ブラシ

朝晩の歯磨きで口臭予防

口臭予防で、一番の基本になるのが朝晩の歯磨きです。

たった2回?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、歯磨きのやり過ぎは、かえって逆効果になってしまうので気をつけましょう。

一日に何度も何度も歯磨きをしてしまうと、口臭を予防してくれている唾液も一緒に洗い流してしまう上に、歯や歯茎を傷つけてしまい、虫歯や歯周病の原因にもなりかねないのです。

正しい歯磨きをしていれば、朝と晩の2回だけで十分なのです。どうしても気になるという方は、食前から食後にかけて、多く分泌する唾液を洗い流してしまわないよう口をゆすぐだけにするか、少し時間を置いて(唾液が多く分泌される時間帯を避けるため)歯磨き粉をつけずに軽く歯磨きをするようにしましょう。

それだけでも、食べかすや口の中の不快感は十分に洗い流せるはずです。それでも物足りないという人は洗口剤やキシリトールガムなどの使用をおすすめします。

歯磨き粉の使い方にも注意が必要です。多く使えばよく泡立ち口の中がさっぱりしてしっかり洗った気がしますが、実は、歯を傷つけているだけで肝心の汚れや菌が落ちていないことがあり、結果的には口臭へと繋がってしまうのです。

よく泡立つ歯磨き粉ほど研磨剤が多く、歯を傷つけてしまう恐れがあるので、歯磨き粉を使う場合は少量を歯ブラシにつけ、あまり泡立たない程度にしましょう。

こうすることで、舌で歯のザラザラした感触が分かり、汚れが落ちたかどうか磨いているときに確認することも出来ます。

正しい歯磨きを行い口臭予防に努めましょう。

口臭予防のための歯磨きのタイミング

大人のエチケットとして口臭には気をつけたいですよね。口臭予防の一番の基本『歯磨き』について少しお話したいと思います。

『歯磨きは毎日しているから大丈夫』という人が結構いらっしゃいますが、毎日することだけが正しい歯磨きでしょうか?

答えは『いいえ』です。
毎日していても、間違ったやり方では口臭や虫歯、歯周病の原因になってしまいます。

例えば朝の歯磨き。
起きてからどのタイミングで歯磨きをしていますか?朝食を食べてから歯磨きをしているという方が以外に多いのですが、朝の歯磨きは夜寝ている間に繁殖した菌を洗い流すという意味があります。

口臭を予防する唾液の分泌が寝ている間は極端に少ないので菌がとても繁殖しやすく、一日の中で一番口臭がきつくなるのが朝起きたときなのです。正しい歯磨きのタイミングは、まず、朝起きてコップ一杯の水で口をゆすぎ、朝食を食べる前に歯磨きをします。

食前にすることで口腔内の菌が体内に入ってしまう事も防ぐことが出来ます。そして、朝食後も軽く歯磨きをするのをおすすめします。

食べかすが歯と歯の間にたまり、やはり口臭や虫歯、歯周病の原因となってしまいます。食後は何もつけずに軽く歯磨きをするだけで十分です。

口の中に残った食べかすはそれでもしっかり洗い落とせます。時間の無いときには口をゆすぐだけでも効果はあります。夜の歯磨きは寝ている間の菌の繁殖を防ぐ意味がありますので、時間をかけ丁寧に磨きましょう。

いくら外見に気を使っていても口臭がきつかったら全てが台無しです。まずは内面から見直し、内も外も美しい大人でいましょう。

tag:口臭予防 歯磨き